尾長メジナ仕掛けの肝となる針

投稿者: | 2017年9月12日
Pocket

 

どうもつぐむぐです。

釣り仲間のサクさんから尾長攻略に

おすすめの針についてレポートをいただいたのでご紹介します!

 

===============

 

クロ釣り師なら、必ず一度は憧れる「尾長グレ」。

一度その引きを味わってしまうと、病みつきになりますよね~^^

私も、あの引きに魅了されてしまったひとりです(笑)

 

今回は、その「尾長グレ」専用針で、

私が最もよく使う針を紹介したいと思います!

 

針の老舗、がまかつから発売されている「あわせ尾長」です!

 

 

この針は、ほんといい針だと思うので、ここでちょっと紹介しようと思います。

 

 

■この針の特徴

この針は、尾長専用の針で、ネムリ針のように針先が内側に向かって、緩やかにカーブしています。

この形状が味噌です!

 

他のメーカーからの、この形状の針は出ていますが、

私が使った感じではこの針が一番食い込みの良さと、

口元への掛かりが良いような感じを受けます。

 

食い込みの良さと、口元への掛かりの良さの両立が取れている針だと思います!

食い込みの良さだけなら他にありますし、

口元への掛かりの良さだけなら他に超おすすめもあります!

それは、後でちょっとだけお話します^^

 

 

■実釣時の使用感

この針は、形状的に少し餌がつけづらいのですが、

そんなに気にするほど付けづらい訳ではありません。

 

尾長釣りで肝になるのが、飲まれず口元へ針掛かりさせる事。

あくまで、細ハリスでないと食ってこない状況での話です!

まあ、普通ならいつもがそういう状況になってしまうのですが(苦笑)

 

この針は口元に高確率で掛かります!

そのかわり、常に早掛けを意識して釣っていての話なのです。

皆さんも早掛けを意識しまくって釣っているとは思いますが、

やっぱり飲まれて「プッツン」やられることありますよね?

 

私もよくあります(笑)

 

でもこの針を使い始めてからは、圧倒的に飲まれる確率は減りました^^

で、最近サブで持っていくのが、同じくがまかつの「あわせちゃダメジナ」という針です!

 

 

たまに、精一杯早掛けしても、どうしても飲まれる時があるので、そんな時に限りこの針を使います。

 

この針は、とにかく口元に掛けることだけに特化して作られている針なので、

そういう状況の時に使うと力を発揮してくれます!

ただし、普段から使わないのは、合わせた時にすっぽ抜ける事が結構あるからです(苦笑)

 

 

■まとめ

針は、とんでもなくたくさんの種類がありますが、その一つ一つに個性があります。

その一つ一つの個性を理解し、使い分けることで、確実に釣果が上がってくると思います!

今回メインで紹介した「あわせ尾長」は、

尾長釣りの軸として使える針だと思うので、是非使ってみてください^^

 

===============

 

 

レポートありがとうございます^^

 

ネムリ針素晴らしいですよね。

僕も以前ネムリ針について記事を書いていますが、

尾長が混じる釣り場ではいつも助けてもらっています。

 

関連記事:尾長グレ釣り仕掛けのポイントはネムリ針にあり!

 

僕はどっちかというと「だめじな」を愛用していますが

あわせ尾長の使用実績ももちろんあります。

僕は正直あんまりすっぽ抜けを感じていませんw

なので、だめじなの口元へのフッキングを重宝しております。

 

サクさんの仰るとおり、針にはたくさん種類があるので

正しい理解をして、戦略的に用いられる釣り人になりたいものですね^^

僕も頑張ります!!!

 

ではでは!

 

あわせ尾長の最新情報をチェック!

 

 

あわせちゃダメジナの最新情報をチェック!

 

 

関連記事:尾長グレ釣り師山元隆史(やまもとたかし)さんの名言が忘れられん

関連記事:冬メジナの釣果を上げる針

関連記事:食い渋るグレを釣るテクニック9選





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1350人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実



~釣り人におすすめの記事~

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

釣りブロガーに朗報!これは利用しないとガチで損ばい。

Pocket