ミナミヌマエビの方がヤマトヌマエビより丈夫なような気がする

投稿者: | 2019年1月4日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加


つぐむぐです。

 

昨年末の12月29日に我が家にやってきたミナミヌマエビ10匹。

1月4日現在(7日経過)で3匹が死亡した・・・

3匹死んだとはいえ、ここまでの経過を見るとヤマトヌマエビより丈夫な気がしている。

 

こういうと、「いやいや、3匹死んどるやんけ!」って突っ込みが来そうだけど前回のヤマトヌマエビは投入直後から毎日死者が発生していた・・・

 

それを思い出すと、それより死亡ペースは遅い。

どんぐりの背比べと思われるかもしれないが当事者の僕としてはこの差は大きいと思ってる。というか思わないとやってられない(苦笑)

 

ミナミヌマエビはヤマトヌマエビに比べて体のサイズがかなり小さい。

そのため、体質が一見弱いように見える。

けど、調べてみると温度変化に強いみたい。

一概に体のサイズだけで個体の強さは語れないようだ。

 

うちの水槽で前回と違うことといえば底床をソイルに替えてからしばらく時間が経つので水質が安定してきたのかもしれん。それ以外に特に心当たりはないなぁ。

 

エビへの好奇心が高いドワーフグラミーや、いろんなものを口でつつくブラックモーリーといった、ちょっと大きめの観賞魚とも混泳している。

 

もちろんまだ7日間での結果に過ぎないので今後も観察は必須だ。

前回は2週間で全滅したので、今回は1か月は生きてほしいと思ってる。

もちろんもっと長く生きてほしいが、前回の大量死亡事件を経験した僕としては、まずは1か月と願いたいところである。

 

ミナミヌマエビ飼育の醍醐味は繁殖が期待できるところ。ヤマトヌマエビは汽水環境でないと稚エビが育たないので自然繁殖が難しいが、ミナミヌマエビは自然繁殖が可能だ。

 

ぜひうちの水槽でも繁殖に立ち会えたらいいなぁ^^

ま、繁殖以前にうちの場合はまず生存やね!

死なせないように頑張ります!





========

僕はサラリーマンとして働きながら釣りブログを書き月収10万円以上(多い月は30万程)を稼いでいます。 ですが「釣りブログ書いて月収10万稼いでる」とかいうと、超絶怪しいですよね。 でも本当に釣りブログを書いてお金が稼げるんです。

僕はもともとネットで稼ぐことが得意だったわけでもなければ、 文章を書くのが得意だったわけでもありません。 そんな僕でも今では自信を得ることができて、 会社の給料以上の金額を稼げるようになりました。 自力で稼げるようになった自信は プライベートにも良い影響をもたらしてます。

結局、稼ぐための知識があるかどうかだけなんです。 重要なことは。型(パターン)を知っているかどうかだけ。 だから学んでいけば誰でも稼げるし自信を得ることだってできる。

僕つぐむぐが学んで月収10万以上を稼ぐまでの過程を下記の記事では公開してます。

月収10万以上になったつぐむぐの物語

釣りメルマガ(読者数1810人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

【衝撃の結末】小魚が多い海で仕掛けを遠くに投げてみたら・・・


ミナミヌマエビの方がヤマトヌマエビより丈夫なような気がする」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 青っぽい色のミナミヌマエビが美しすぎる! – つぐむぐ

コメントは停止中です。