夏チヌの釣り方・攻略法とタナのイメージ

投稿者: | 2018年10月3日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加


どうもつぐむぐです!今日もチヌ釣り読者の方の質問に答えていきます!

 

【質問】

大変参考になる事ばかりでチヌ釣りが少しずつ上達したように思います。これからの夏の時期はチヌも活性が上がってくると思いますが、やはり活性が高い時季でも浮き止めを付けない沈め釣り(ズボ釣り)の方がよろしいでしょうか?活性が高い時季は浮き止めを付けて少し浅く釣る方法とどちらが釣れますか?

 

【回答】

はじめまして。つぐむぐです。いつも「釣りこそ我が師なり」をご覧いただきありがとうございます。ご質問に対してお答えしていきますね。

 

>大変参考になる事ばかりでチヌ釣りが少しずつ上達したように思います。

そういっていただき本当に嬉しく思います^^自分が何年もいろいろ試して、即結果が出たことだけを書いているので誰にでも簡単に使ってもらえるテクニックばかりだと自負しています。

 

>これからの時期はチヌも活性が上がってくると思いますが、やはり活性が高い時期でも浮き止めを付けない沈め釣り(ズボ釣り)の方がよろしいでしょうか?活性が高い時期は浮き止めを付けて少し浅く釣る方法とどちらが釣れますか?

僕は一年中同じ仕掛け(ウキ止めをつけない全誘導沈め釣り)でチヌ釣りをしています。理由は一年中、どのタナにチヌがいても、いろいろ考えなくていいからです。

 

まず、僕の中でチヌって魚は基本底にいる魚だと認識しています。夏だろうが、基本は底。表層や中層で食ってくることもありますが、総じて夏でも底でのヒットが多いと感じています。

 

だから僕の中ではウキ止めをつけて浅く釣るっていう感覚がないっす。浅く釣ると一番ヒットの可能性の高いボトムを捨てることになりますから。

 

全誘導沈め釣りだと、表層や中層のチヌを狙いにくいと思われがちですが、基本そのような層にいるチヌはフォール中にしっかり食ってきますし、底まで沈んだ後でも、縦の誘いをすることでアピールすることもできます。

 

あと一年中同じ仕掛けを使うのは、「水中での仕掛けのイメージを最大限に把握できるようにするため」です。何種類もの仕掛けを駆使して釣りをするのがそりゃあ理想かもしれませんが、正直僕のように釣りに行く回数が限られたサンデーアングラーは、そんなにいろいろやる時間も余裕もありません。1つの仕掛けを突き詰めていくので精一杯。

 

だから、常に同じ仕掛けを使って、その中でいろいろな状況に対応できる工夫をしているって感じです。同じ仕掛けでの引き出しを増やすってイメージですね^^

 

以上のような感じで僕は釣りをしています。夏チヌ攻略の参考になったでしょうか?「ウキ止めありと、なしだとどちらが釣れるか?」と聞かれれば、僕は「ウキ止めなし」と答えます。自分自身が「ウキ止めなし」でしか結果を出していないし、そもそも練習していないから^^

 

回答で不明な点とかあれば、遠慮なく何でも聞いてください。別に今回の内容に限らず、いつでも何でもご自由に。質問ありがとうございました。

 

のっこみチヌ、夏チヌ、秋チヌ、寒チヌって呼び名がチヌ釣りを難しくしてないですか?

乗っ込みチヌ釣りの経験は秋チヌの回遊にも応用できないか

春の乗っ込みチヌを爆釣させた釣り方を暴露します

寒チヌ釣りで撒き餌に加えたい一工夫

チヌのフカセ釣りは季節問わずできますか?

乗っ込みチヌが集まるポイントと産卵の意外な真実





========

僕はサラリーマンとして働きながら釣りブログを書き月収10万円以上(多い月は30万程)を稼いでいます。 ですが「釣りブログ書いて月収10万稼いでる」とかいうと、超絶怪しいですよね。 でも本当に釣りブログを書いてお金が稼げるんです。

僕はもともとネットで稼ぐことが得意だったわけでもなければ、 文章を書くのが得意だったわけでもありません。 そんな僕でも今では自信を得ることができて、 会社の給料以上の金額を稼げるようになりました。 自力で稼げるようになった自信は プライベートにも良い影響をもたらしてます。

結局、稼ぐための知識があるかどうかだけなんです。 重要なことは。型(パターン)を知っているかどうかだけ。 だから学んでいけば誰でも稼げるし自信を得ることだってできる。

僕つぐむぐが学んで月収10万以上を稼ぐまでの過程を下記の記事では公開してます。

月収10万以上になったつぐむぐの物語




~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話