チヌ沈め釣り仕掛けの同調イメージをマスターしよう!

投稿者: | 2018年10月1日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加


どうもつぐむぐです。メルマガ読者の原さんから質問をいただいたので回答していきます。

 

【質問】

はじめて質問させていただきます。つぐむぐさんのおかげで、チヌがずいぶん釣れるようになりました。ありがとうございます。流れの速いとき、ガン玉追加とか、浮きにバランサーとか、早く沈める為なのはわかるのですが、撒き餌はどうなるのでしょうか?撒き餌も流れてしまうのでは?ウキを強制的に沈めて撒き餌と同調するのでしょうか?

 

【回答】

撒き餌の沈み方

僕はチヌ釣りのマキエでは比重が軽いものから重いものまで幅広くカバーするようにチョイスしてる。流れが速くても、重い粒子は重力の影響で徐々に沈んでいく。ちなみに流れというのは表層ほど速く、深くなるほど遅い。だから撒き餌の粒子は、表層を速く横に流れていても、深く入るにつれ下に沈みやすくなる。撒き餌の粒子は重力と流れの影響だけを素直に受けている。

 

仕掛けの沈み方

じゃあ仕掛けの方だどうだろう?仕掛けも撒き餌と同様に流れの力と重力の影響を受ける。そして表層ほど、横に速く流される。ただ、仕掛けと撒き餌の粒子で決定的に条件が違うのが「道糸の存在」。この道糸がやっかいなんだ。道糸も流れの抵抗を受ける。まだ道糸がそんなに出ていないうちは良い。けど仕掛けが流れれば流れるほど道糸が長くなるんで、それが潮の抵抗を受けまくって仕掛けに強く作用するようになる。具体的には「仕掛けを浮き上がらせようとする」。別の書き方をすると「仕掛けが深く入るのを阻害してしまう」。

 

撒き餌と仕掛けのズレを克服する

以上のように、撒き餌の粒子は素直に沈んでいくのに仕掛けは沈んでいきにくくなる。何も仕掛けに手を加えないとある程度の深さまでしか仕掛けが入らなくなるんで、基本深場狙いになるチヌ釣りではガン玉やウキにバランサーの追加が必須になる。

 

じゃあ当然重さを背負った仕掛けは仕掛け投入直後は撒き餌より速くしずむようになる。でも最終的に深く入ってくれないと困るんで軽くもできない。だから重くしておくのは仕方がない。

 

「じゃあ仕掛けは撒き餌と同調しないじゃないか?」ってなるけど、そこはマキエの投入方法とか投入量でなんとかカバーすることになる。上層から底まで両者をずっと同じスピードで同調させていくのは不可能だから。

 

例えば、仕掛け投入前と後にしっかりマキエを打って撒き餌で仕掛けをサンドイッチするのは効果的。こうすれば、仕掛けがある程度流れて沈まなくなっても後続の撒き餌が追いついてくるんで同調確率が上がる。量もたくさん打てば、海中に沈む撒き餌の粒子だって増える。

 

さらに粒子の種類もいろいろ組み合わせることで、どれかの粒子と仕掛けが同調しやすくなる。この同調しやすくなる確率を高めるのがフカセ釣りの面白いところ。流れが速いほど、どの距離、どの深さでチヌが食うのか絞るのがいよいよ難しくなるんで、できるだけ同調する時間を長くして、釣れる可能性を高めていくのが釣り人の戦略になる。同調っていっても、ずっと少量の撒き餌と表層から底まで同調しないとダメなわけじゃない。「撒き餌の量が多くてもいい、表層では多少ずれてても、ある程度の深さで同調できればいい」って考えると理解しやすいかも?

 

極論だけど、流れのあるポイントでの釣りは、上からどんどんタナを深くしていていって食ってきたタナが正解って感じの釣りっすね。回答はこんな感じです。イメージは伝わったかな?不明な点があれば何なりと!ではでは!^^

 

追伸

流れの速いポイントでの釣り方を解説した記事も参考にどうぞ☆

流れの速い激流ポイントでのフカセ釣り

本流釣りポイントでの仕掛けの流し方・釣り方

撒き餌の撒き方 本流チヌ編

掛けた魚をどうしても捕りたいというアングラーへ

グレの本流釣り仕掛けについて教えてください





========

僕はサラリーマンとして働きながら釣りブログを書き月収10万円以上(多い月は30万程)を稼いでいます。 ですが「釣りブログ書いて月収10万稼いでる」とかいうと、超絶怪しいですよね。 でも本当に釣りブログを書いてお金が稼げるんです。

僕はもともとネットで稼ぐことが得意だったわけでもなければ、 文章を書くのが得意だったわけでもありません。 そんな僕でも今では自信を得ることができて、 会社の給料以上の金額を稼げるようになりました。 自力で稼げるようになった自信は プライベートにも良い影響をもたらしてます。

結局、稼ぐための知識があるかどうかだけなんです。 重要なことは。型(パターン)を知っているかどうかだけ。 だから学んでいけば誰でも稼げるし自信を得ることだってできる。

僕つぐむぐが学んで月収10万以上を稼ぐまでの過程を下記の記事では公開してます。

月収10万以上になったつぐむぐの物語




~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話