チヌ竿おすすめランキング5選

投稿者: | 2018年9月2日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加


どうもつぐむぐです。メルマガ読者の方から質問をいただいたので回答していきます!

 

【質問】

こんにちは!釣り初心者です。初めて行ったチヌ釣り(夜)で42cmがかかり、釣りにはまってしまいました。チヌ竿について教えて下さい。今、シマノ鱗海AX1-500を使っていたのですが、穂先が折れてしまいました。初めて使った竿でしたが、とても使いやすく感じました。折れた竿は、修理に出して使おうとは思っておりますが、やはりキズ部分への負荷は免れないと思い、竿の購入を検討しております。おすすめの竿がありましたらお教え下さい。

 

【回答】

あくまで僕の好み、かつ実際に使ったことのある竿という前提での回答になりますんで、ご了承ください^^使ったことない竿の評価をするのはあまりに無責任なので・・・。僕はがまかつの竿を好んで使ってます。理由は、とにかく粘りがすごい。全体的に肉厚で、カーボンがしっかりしてる。ペラッペラな印象がない。

 

ちなみに粘りっていうのは、竿が曲がりこんだ状態から元の状態に戻ろうとする復元力のこと。粘りが強い竿ほど、竿の復元力(=バネ)で魚を浮かせることができる。 よく釣り雑誌や釣り動画とかで「この竿は、ためてるだけで魚が浮く」って言ってる人がいるけど、あれがまさに粘り(=復元力)のこと。

 

「がまかつの竿は重い」っていう人もいるけど、粘りっていうのは、カーボンにある程度厚みがないと出せない。だから、粘りを強くしすぎると重くなるし、軽さを追求すると、粘りがなくなる。その点技術の開発も進んでて、肉厚でなくても(重量が軽くても)粘りが出せる竿もあるにはある。けど、粘りと軽さが、調度よいバランスで達成されている竿ほど当然高価になる。これは、いいとこ取りなんで当たり前!竿のネバリの話はこれくらいにして、そういうスペックとか実際使った時の感覚とか予算など総合的に勘案して、以下の勝手にランキングを発表します!

 

★第1位 がま磯 チヌ競技スペシャルⅢ

▲チヌ競技スペシャル3の最安値をチェック!

 

性能・予算など総合的に考えると僕が思うチヌ竿でダントツおすすめはこれ!伸ばして手にもったら、張りとしなやかさが高いレベルで備わっているのが分かると思います。普段はしゃんとしているのに、チヌがかかってからの曲がり込みは素晴らしいの一言。

 

竿の張りって僕は超重要視してる。だって竿の張りがあると、仕掛け投入時のコントロールが上がる。ブヨブヨの竿だと狙ったところに仕掛けが飛んでいきづらい。仕掛けの投入精度って超絶・超絶・超絶重要!これマジです。仕掛けと撒き餌のコントロールで腕の差が生まれてるっていっても過言じゃないですwだから、投入時の精度(=コントロール)を初心者の頃から意識しておくと、後々実力の伸びが異次元レベルで変わりますw

 

この竿は張りを維持しつつもチヌ竿らしく、しっかり曲がり込みも美しい弧を描きます。 チヌ釣りは引きを優雅に受け止めながら釣り上げるところに楽しみがあるともいえます。そういうチヌの引き味をじっくりと楽しみながら釣りをできるのもこの竿の特徴。それに粘り具合もちょうどいい。適度な張りと適度な粘り。2つが高いレベルで融合したおすすめの竿。もし値段が高い(予算オーバー)と思ったら、竿を安価で手に入れる方法もブログ内で発信してるので、参考にしてもらえると嬉しいっす^^ちなみにチヌ競技スペシャルⅢは1号の5メートルで定価75,000円です。なかなかの値段やなw

 

★第2位 がま磯 チヌスペシャル 黒冴

▲黒冴の最安値をチェック!

 

昔、がま磯に枯冴(かれさえ)って竿があったんですが、その続編として出てきたのがこの黒冴(くろさえ)。竿の特徴を一言でいうと「チヌの釣り味・引き味を楽しめる竿」です。竿を優雅に曲げこんでチヌを捕りたいって人にまじでおすすめの一竿!値段は1号で定価62,500円。チヌ競技スペシャルよりは安価。正直1位と2位は迷ったんす。けど好みレベルですが、僕はチヌ競技の方が好きなんで1位とさせてもらいました。竿選びで予算を重視する方は、黒冴でも全然いいっすよ!これもかなり完成度の高い竿っす!

 

★第3位 インテッサg5

▲インテッサg5の最安値をチェック!

 

知っている人は知っているかもしれんけど、現在日本に存在するフカセ用の竿で一番高い?インテッサG5。僕はチヌ竿では0.6号を、グレ釣りでは1-50を使ってる。 グレ釣りも視野に入れるなら、1-50が世界最強と思ってますw

高いけど素晴らしい「インテッサg5 1-50」の細部・使用感を徹底評価

 

竿の性能については、もう他の竿の追随を許さないパーフェクトな仕上がり。張り、粘り、感度、重量、パワー、装飾全てにおいて最高だと思う。ぶっちゃけていうと僕はインテッサG5を使うようになってから他の竿は一切使ってない(笑)だって、この竿使ってから他の竿を持つと、不快指数が高まるから(笑)

 

竿に限った話じゃないけど、一度いいもの経験しちゃうと、なかなか後戻りできない。悲しいけどこれが人間の性…。この竿の凄さは、ほんと異次元レベルで。インテッサは使って始めて「こんなにすげえのか!!」って分かった。買うまでは、正直「こんなに高けぇの、本当に何か違いあんの?」と疑ってたけどねwでもこの凄さは使ってみないとわかんない。使った人にしか分からない。

 

ちなみに、がまかつのセカンドグレードでマスターモデルシリーズ2(チヌ・口太・尾長)ってあるんだけど、それともレベルが全然違う。だって、インテッサ1本の値段がマスターモデル約1.5本分だからね(笑)インテッサG5は性能では圧勝で1位だけど、値段が高すぎる点を考慮して弟3位にした。万人におすすめできるものではないなと。

 

ただ、僕はこの竿20年位使いますよ。代えの部品さえあれば、20年後でも絶対使えるし。そんだけのクオリティーだと思います。18万くらいだけど20年使えば年間1万円弱の投資って思えるから僕は余裕で購入派です。だってこの性能の竿と付き合えるなら、一年で1万未満って全然安くないっすか?僕はそんな感じで自分を説得して買いました(爆)

 

実際活躍は目覚ましい。ほんと竿に腕をカバーしてもらってる。チヌじゃないけど、45cm級の尾長とかホント1-50でスイスイ上がってくる。前に使ってた竿とか、40cm越える尾長とかめっちゃ長い時間ヤリトリしてたのに・・・ほんと、竿に魚が吸い寄せられるって意味が分かります。魚が竿に負けて、すぐバテちゃうんですよ。インテッサを使うとね。

 

この感覚は使ったことある人には、共感してもらえると思う。1-50でチヌ相手とか話にならんす。ちょっと前に1-50で53センチのチヌかけたけど、竿立ててためてるだけで、ホント2分くらいで水面まで浮いてきた。チヌは0.6じゃないと楽しめない・・・だからデメリットを強いていうなら、普通の魚じゃヤリトリが面白くなくなる(笑)基本楽勝だからね^^

 

これだけ異次元・異次元言ってうざいだろうけど性能はダントツ1位。値段で3位ってところを再度お伝えしてインテッサの話は終わり!

 

★第4位 がま磯 マスターモデルII チヌ

▲マスターモデル2チヌの最安値をチェック!
これもインテッサ程じゃないけど相当高い竿ですwMH(ミディアムハード1.1号相当)で定価118,500円。小遣い5千円の僕には大打撃の竿っすwチヌ専用の竿で作られてるだけあって性能は言うことなし。大きな特徴としては「極胴調子」であることかな。がまかつ磯竿の中でトップクラスの胴調子になってます。簡単にいうと、竿をがっつり曲げこんで釣りができるってことっすね。デザインもカッコよくて、個人的にはチヌのエンブレムが刻まれているのがインテッサにはない加点ポイントかな。ただ僕的には10万以上出すなら、もうインテッサ買うねwちょっと頑張ってお金貯めて。

 

★第5位 アテンダー2

▲アテンダー2の最安値をチェック!

 

がまらーに大変人気のアテンダー2。グレ釣り師にも人気ですがチヌ竿で使ってる人も多いっす。かなりの胴調子で釣り味を楽しめるんですが、重量が重いのが僕は嫌いw疲れるんすよね、腕が。ジジイかてwだって小さい号数、例えば0号でも193グラムもあるんすよ、重すぎやろ。その割に値段もかなりお高めで1号の5メートルで定価90,500円。この竿に9万出すなら、頑張ってマスターモデル2を買った方が良いと思うのは僕だけか?てかチヌ競技の方が安いし疲れんし〇

 

前作のアテンダーが好きで2も買いましたが、重すぎるのが微妙でした。「ここまで言ってんのに、なんで5位なの?」っていうと、自分が使ったことあるチヌ用の竿を全部インプレしたかったからですwこんな話聞いてアテンダー2買いたい!って思わないかもしれんけど、一個人のインプレ・評価なので参考程度にどうぞ。ファンの方もたくさんいるんでね。僕があんま好きじゃないってだけの話。

 

■チヌ竿おすすめランキング5選まとめ

最後にランキングをおさらいしときます!

 

1位 チヌ競技スペシャルⅢ

2位 チヌスペシャル 黒冴

3位 インテッサG5

4位 マスターモデルII チヌ

5位 アテンダー2

 

僕はもともとダイワが好きで銀狼、メタルチューンとかメガチューン、メガディスも使ってた。シマノも超昔にアドバンス大磯を1本だけ使ってた。 でも、あるきっかけでがまかつの竿と出逢った。それで使ったら、凄かったんだよね。もうなんか、今まで使ってた竿の粘りのなさを痛感した(苦笑)ただ、これはあくまで僕個人の評価だから、ダイワやシマノがいいって人ももちろんいます。それはそれでいいんすよ、誰が何を使おうが好みの問題だし。がまかつ嫌いな人も多いしね(笑)

 

最終的にはデザインとか値段とか好みなんかもいろいろ考慮した上で決めるといいっすよ^^がまかつの磯竿に興味あるなら、一意見として参考にしてもらえると嬉しいです。不明な点とかあれば、また何でも聞いてください。ではでは!!!

がま磯は~質も高いが~値も高い

 

チヌ竿の長さ・重さ・号数の決め方を知って初心者脱出!





========

僕はサラリーマンとして働きながら釣りブログを書き月収10万円以上(多い月は30万程)を稼いでいます。 ですが「釣りブログ書いて月収10万稼いでる」とかいうと、超絶怪しいですよね。 でも本当に釣りブログを書いてお金が稼げるんです。

僕はもともとネットで稼ぐことが得意だったわけでもなければ、 文章を書くのが得意だったわけでもありません。 そんな僕でも今では自信を得ることができて、 会社の給料以上の金額を稼げるようになりました。 自力で稼げるようになった自信は プライベートにも良い影響をもたらしてます。

結局、稼ぐための知識があるかどうかだけなんです。 重要なことは。型(パターン)を知っているかどうかだけ。 だから学んでいけば誰でも稼げるし自信を得ることだってできる。

僕つぐむぐが学んで月収10万以上を稼ぐまでの過程を下記の記事では公開してます。

月収10万以上になったつぐむぐの物語




~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話