柴原啓二・鵜沢政則・大知昭・エド山口の肩書は「キザクラ〇〇」

投稿者: | 2018年8月1日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加


つぐむぐです!

以前、橋本敏昭さんの肩書が釣研マエストロって話をしたんですが、覚えてますかね?w

「橋本敏昭氏 釣り師の肩書は「釣研●●」って知ってた?」

 

それでいろいろと名人たちの肩書を調べてたら、柴原啓二名人のキザクラでの肩書は「キザクラマイスター」でした。知らんやった。

 

マイスターの意味は、ドイツ語で「高等職業能力資格認定者」のこと。1回で覚えられない名前だけど、要は「高い技術力を持った人」ってことやね!柴原啓二さんの高い釣技・スキルを称して付けられた名前ってことでしょう。

 

ちなみにキザクラマイスターには、ほかにも鵜沢政則さん、大知昭さん、エド山口さんたちが名を連ねてます。皆フカセ釣り師なら知ってる名前でしょうね。

 

「え、知らないだって?」、別にいいよ、それでも。

気にしないでおくれw

 

しかしキザクラはフィールドテスターに大御所を集めてんな~。たくさん。
大御所たちは実績とブランドを持っているから、監修者にすると権威がつくからいいよね。メーカー的には。

 

ただ、もっと若い人たちも使っていいんじゃないかな~とも思います。本音はね。

 

女性は遠藤いずみさんを起用しているみたいだけど、男性がなかなかね。もっと若い人を前面に出してきてもよいかと個人的には思います。世代交代も大事だし、若い人たちが頑張ってた方が同世代の人たちの刺激にもなるしね。

 

以前「ウキメーカーの釣研・キザクラ・ガルツって本社が福岡と佐賀なんやね」で書いたように、キザクラも九州のウキメーカーですから応援しています。

水平ウキのキザクラとしてこれからも大いに発展してほしいものです^^





========

僕はサラリーマンとして働きながら釣りブログを書き月収10万円以上(多い月は30万程)を稼いでいます。 ですが「釣りブログ書いて月収10万稼いでる」とかいうと、超絶怪しいですよね。 でも本当に釣りブログを書いてお金が稼げるんです。

僕はもともとネットで稼ぐことが得意だったわけでもなければ、 文章を書くのが得意だったわけでもありません。 そんな僕でも今では自信を得ることができて、 会社の給料以上の金額を稼げるようになりました。 自力で稼げるようになった自信は プライベートにも良い影響をもたらしてます。

結局、稼ぐための知識があるかどうかだけなんです。 重要なことは。型(パターン)を知っているかどうかだけ。 だから学んでいけば誰でも稼げるし自信を得ることだってできる。

僕つぐむぐが学んで月収10万以上を稼ぐまでの過程を下記の記事では公開してます。

月収10万以上になったつぐむぐの物語




~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話