橋本敏昭氏 釣り師の肩書は「釣研●●」って知ってた?

投稿者: | 2018年7月27日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加


つぐむぐです!

九州の方であれば、名手橋本敏昭(はしもととしあき)氏はご存じだろう。

今年、御年70歳になられるようで、フカセ釣りの大御所的ポジションに君臨する人。

 

その橋本さん、実はもう何年もブログを日々頻繁に更新されてます。いつから書い
てんだろう?

 

さっき見てたら一日に何個も記事が上がってるしw海老蔵かてw

 

僕とかまだまだブログ歴2年半なので、超大先輩なのであります。継続のコツを教
えていただきたいわ。

 

ところで橋本さんと言えば全遊動と僕は思ってて、全遊動といえば釣研。釣研社に貢献された実績も素晴らしいものがあるので、実は釣研社から唯一「釣研マエストロ」の肩書をもらわれてます。

 

たくさんの素晴らしいテスター、インストラクターがいる中で、唯一のマエストロw

すげえ!

 

ちなみにマエストロってwikiで意味を調べたらイタリア語で「専門家」。

釣りの専門家ってことですね。

 

「一生現役釣り師」をモットーに今でも釣りをされている橋本さんのような生き方ができればと思っております。記事が多くて探すの大変だけど、学べるブログなので覗いてみてくださいませ。

 

【永久保存版】磯釣り名人 松田稔から学んだスーパ―テクニック集

【永久保存版】田中貴(たなかたかし)グレ釣り仕掛け・テクニックを徹底解剖!





========

僕はサラリーマンとして働きながら釣りブログを書き月収10万円以上(多い月は30万程)を稼いでいます。 ですが「釣りブログ書いて月収10万稼いでる」とかいうと、超絶怪しいですよね。 でも本当に釣りブログを書いてお金が稼げるんです。

僕はもともとネットで稼ぐことが得意だったわけでもなければ、 文章を書くのが得意だったわけでもありません。 そんな僕でも今では自信を得ることができて、 会社の給料以上の金額を稼げるようになりました。 自力で稼げるようになった自信は プライベートにも良い影響をもたらしてます。

結局、稼ぐための知識があるかどうかだけなんです。 重要なことは。型(パターン)を知っているかどうかだけ。 だから学んでいけば誰でも稼げるし自信を得ることだってできる。

僕つぐむぐが学んで月収10万以上を稼ぐまでの過程を下記の記事では公開してます。

月収10万以上になったつぐむぐの物語




~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1810人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話


橋本敏昭氏 釣り師の肩書は「釣研●●」って知ってた?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 柴原啓二・鵜沢政則・大知昭・エド山口の肩書は「キザクラ〇〇」 – つぐむぐのグレ・チヌ釣りブログ

コメントは停止中です。