ベタベタ底に仕掛けを這わすチヌフカセ釣りってアリ!?

投稿者: | 2018年4月23日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加

Pocket

つぐむぐです!山下さんからの質問に回答します!

 

質問

こんにちは。たびたび質問させていただいております兵庫の山下と申します。

 

今回の質問なのですが、厳寒期や乗っ込み初期のような低水温期や、チヌの活性が低く、完全にベタ底と判断した場合の時の質問です。

 

底に落ちているエサをユラユラ泳ぎながらついばんでいて、少しでも浮いているエサは完全に無視しているような時、ズボ釣りで狙う場合、上層、中層、下層を完全にヒットゾーンから外し、ベタ底のみを完全に這わす釣りをするとします。

 

その時、極力浮力のマイナスのウキ(プログレスチヌのS-4とか5)に、からまん棒下のガン玉をB~2B、針上30センチには、エサが練り餌の場合は無し、もしくはG8程度。沖アミの場合は浮き上がり防止の為、ハリ上にもB。(ですがほぼ練り餌中心)このような重量級の仕掛けで、底潮が動いてもとにかく仕掛けやエサが浮き上がらないように完全ベタ底狙いの仕掛けは、ありでしょうか!?

 

投入直後、仕掛けがV字で落ちていくのは、ベタ底で直線にさえなればいいので、この際気にしないという事で。(このような仕掛けで厳寒期、乗っ込み初期で釣果をあげておられる方の動画を見つけまして。。)↓その方の動画のリンクです。  https://youtu.be/_MdJG917iQ0 (1分30秒程の時に、仕掛けが図で表示されています。)

 

回答

完全底はわせ、全然ありっすよ^^僕も渚釣りでは使うことがあります。

 

理由はベタはわせしても、根ガカリリスクが低いので。ここだけですもんね、基本注意すべきは。

 

基本ハリスが立つと食いが悪いので、それよりは這わした方がいいけど、根ガカリ率が上がることや重量が増すと食い込み抵抗がかかるので、チヌがそれを嫌うかどうかじゃないですかね。天秤にかけるポイントは。餌を引っ張っていって食い込まないときとかは、軽量化する必要がでてきますね。

 

でもそれはそうなったときに対処すればいいことので、結論「底はわせ、全然あり」だと思います。

また何かあればどうぞ^^





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

Pocket