川釣りをもっと手軽に!おすすめ餌を紹介!

投稿者: | 2018年3月9日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加

Pocket

子どもと近所の川でハヤ・フナ・コイ釣りをたしなむ「つぐむぐ」です。

 

春の兆しが見えてきたのでこれから楽しみにしているところ。僕と同じように子供と釣りをする人は仕掛けにしてもタックルにしても手軽さを結構求めると思います。複雑であれば子供には扱いが難しいので。

そんな僕が大注目している餌がありまして、今回はそれをご紹介したいと思いますバイ!

 

・手軽さの追求

今回ご紹介するのはマルキューの「楽ポイッ!」。

その名のとおり容器から取り出して即使えるエサです。手軽さは子どもにとって大切。家の子は辛抱強くないので特にw

 

・カラー戦略を採用

面白いのが2種類の餌が入っているところ。一つが水中でバラケて拡散し、撒き餌として機能する緑色の粒。

あと一つが、魚が食いつくのを期待した食わせ餌としての黄色い粒。

この色の違いですけど、むろん釣り人側が即座にバラケ餌と食わせ餌を見分けやすいようにという効果も期待しているでしょうが、僕は密かに魚の食いにもカラーは影響を与えると思っております。実際海釣りでは餌の色が魚の食いに影響を与えると確信するに至っております。

自作の練り餌4色をチヌ釣りで使ってみたら・・・

これは川釣りでも例外ではないかと。まだ川釣りのカラー戦略ってそこまで認知されてないのかもですが、これは将来スポットが当たりそうな気がしますね^^

 

・使い方

2種類を付ける形になるので、仕掛けにも針を2本セット付けます。で、針ごとに糸の長さを若干変えます。

そして短い方に緑色の粒を、長い方に黄色の粒を付けます。位置的には上にバラケ餌、下に食わせ餌がきます。

 

こうすると上の餌がぽろぽろと溶けて落ちていき、それを食べにきた魚が黄色の餌に食いつくって作戦です。ふはは!

水中イメージがありましたバイ!

 

へぇ~~~~ふむふむなるほどね!分かりやすいなぁ!

 

ヘラブナ釣りの仕掛けと一緒ですね。実際この仕掛けは普通の川釣りでも絶大な効果を発揮しますので、今まで一本針で釣ってた人はやってみると釣果が伸びると思いますよ^^

 

まとめ

最後に今回の記事のポイントをまとめて終わりにしたいと思います。

 

・「楽ポイッ!」は手軽さを徹底追求

・視覚効果を期待したカラー戦略を採用

・仕掛けの針の位置は長短差をつける

・食わせ餌とバラケ餌は爆釣戦術

・2本針の効果は絶大

 

以上になります。

安くて手軽な道具で簡単にできる川釣りの記事も公開してますので参考にどうぞ!では!

川釣り初心者仕掛けセットを使ってみた!





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

Pocket