アミエビをオキアミの代わりに混ぜることはありますか?

投稿者: | 2017年11月13日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加


 

つぐむぐです。山下さんから質問をいただいたので回答します。

 

質問

こんにちわ。ズボ釣りリスペクト中の山下ともうします。集魚材についてですが、沖アミの代わりにアミエビを入れることはありますか?また、それについてどう思いますか?

 

 

回答

質問ありがとうございます。最初に結論からいうと、アリっすね^^超アリだと思います。僕も基本はオキアミですがアミエビ使ってますよ。戦略の幅が広がるので。どういう感じでアミエビを使っているかをまとめてみましたばい。

 

 

集魚力が増す

アミエビって世界中で一番魚に食べられてるアミだと思うんですよね。なので、アミエビを嫌いな魚っていないと思います。まじでどんな魚でも寄って来る。エキスもめちゃくちゃ出るし、集魚力も抜群。サビキ釣りやってると、アミエビだけでも魚超寄りませんか?^^コストもオキアミより安いし、僕は非常に大好きです。

 

この集魚力の強さを活用するとなると、やはり低活性期かなと。寒グレ釣りでは、ほぼ毎回アミエビを入れてます。撒き餌によって活性があがるということはないんですが、普通に食べる気がグレにあれば、アミエビは有効ですからね。食欲を刺激してくれるだろうと信じていつも使ってます。

 

 

まとまりが増す

かといって、お世話になるのが、低水温期ばかりでもない。集魚力があるってことは、魚を動かしやすくなるってことでもありますからね。撒き餌ワークを用いる時期、梅雨、夏、秋でも混ぜるときは混ぜます。粒が小さい分、撒き餌のまとまりが良くなりますからね。撒き餌を遠投できないと撒き餌ワークは辛い。なので、遠投重視の撒き餌を作りたい時にあえて、アミエビを入れてます。

 

 

比重戦略が組み込める

あと1つアミエビを入れる理由としては、比重がオキアミと違うので、沈下速度に変化をつけることができるからですね。これは代わりに入れるっていうより、混ぜていれるってことですがね。こうすることで、縦に拡散する撒き餌が作れると言い換えることもできるでしょう。撒き餌の比重を分散させることで、理論的にはどのタナにもなんらかの魚を留める・集めることができるようになる。あとは釣り人が自分の釣りたいタナを攻略すれば、本命が釣れる可能性が高まっていくので、幅広く選択肢を残しておけるようにアミエビを入れるという戦術は有効かと思います。

 

 

まとめ

以上が僕が撒き餌にアミエビを入れる理由になります。まとめて終わります。

 

・アミエビをオキアミの代わりに入れるのはアリ。

・単体だとアミエビの方がオキアミよりエキスも出て集魚力も強い。→魚を動かしやすい。

・アミエビの方が粒が小さいので撒き餌がまとまりやすい。→遠投しやすい。

・オキアミと混ぜることで比重戦略を組み込める。

 

以上になります。僕の地元ではコストもアミエビの方が若干安いので、財布に優しいって意味でもアミエビを用いるのは全然ありだと思いますバイ!^^ではでは!

 

関連記事:【検証結果】練った撒き餌でグレは釣れるのか?

関連記事:【基本が大事】撒き餌と仕掛けの同調テクニック

 





========

僕はサラリーマンとして働きながら釣りブログを書き月収10万円以上(多い月は30万程)を稼いでいます。 ですが「釣りブログ書いて月収10万稼いでる」とかいうと、超絶怪しいですよね。 でも本当に釣りブログを書いてお金が稼げるんです。

僕はもともとネットで稼ぐことが得意だったわけでもなければ、 文章を書くのが得意だったわけでもありません。 そんな僕でも今では自信を得ることができて、 会社の給料以上の金額を稼げるようになりました。 自力で稼げるようになった自信は プライベートにも良い影響をもたらしてます。

結局、稼ぐための知識があるかどうかだけなんです。 重要なことは。型(パターン)を知っているかどうかだけ。 だから学んでいけば誰でも稼げるし自信を得ることだってできる。

僕つぐむぐが学んで月収10万以上を稼ぐまでの過程を下記の記事では公開してます。

月収10万以上になったつぐむぐの物語




~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話


アミエビをオキアミの代わりに混ぜることはありますか?」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: アミエビの価格(値段)が上がっててビックリ! – つぐむぐのグレ・チヌ釣りブログ

  2. ピンバック: 春のシーバスは偏食気味!?春に投げたいルアーランキング!! │ てっくま~グローバル社会における英語・ネット・投資術~

コメントは停止中です。