釣り大会に出る人=上手、出ない人=下手

投稿者: | 2017年11月5日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加


http://www.clarkgoldsberry.com/teaching–scraps–notes/political-cartoons

 

 

つぐむぐです。メルマガ読者のシド・フォークさんから質問をいただきましたので回答します。

 

 

質問

大会に出る人と出ない人と比べられてしまいます。具体的に言うと、イコール、大会に出る人はよく釣る、大会に出ない人は釣れない、もしくはそこそこ釣る人っていう、感じで比べられてしまいます。自分の場合は事情があって出られないのです。そのかわり、人より、何倍も釣れるように努力をしたりしているのです。つぐむぐさんはどう思いますか?回答を宜しくお願いします。

 

 

回答

うわ~~~~~~~~~~~~~~~これめっちゃ共感します!!!!!!!!!!

 

イメージと実体に分けて話す必要がありそうですね。

 

まずイメージはシドさんがおっしゃるとおりで、世の大半の人は考えていると思います。やはり「大会」とか「トーナメント」って響きが「上級者」「腕達者」と連想してしまうのも事実。これは人がそういう響きとかイメージに相当影響される生き物だから、これは仕方のないことでしょう。

 

ただ実態は「大会に出る人=上手い」とは一概にはいえません。僕も含めて下手な人間はゴマンといます(苦笑)これは組織論、集団論になりますが、下手を含めて普通以下の人の方が多いです。集団は全てピラミッド、本当にすごい人ほど少ないw

 

厳しい振るいが一度でもかかっている集団はまだましですよ。極端な話、東大生とか受験で振るわれている集団は、勉強はできるじゃないですか。人間性とかはここでは除外してください。東大生なら最下位で入学した人でさえ、そりゃあ普通の人より断然頭いいっすw

 

けど、釣りの大会に出るか出ないかは本人の意思がまず最大重要事項であって、応募が多ければくじ運ってこともある。振るいといえば、どんどん勝ち上がるにつれて上手い人の割合は増えてくるでしょうが、すでに上手い人が最初にくじで落ちている可能性もある。運営の都合上、一回勝てば全国大会って大会もあるし。名人同士だってメーカーの壁とかもあります。予選を何回も実施すれば相当振るわれるだろうけどね→非現実的w

 

それに相手は自然という変則なものだから、時の運、場所の運も大いに絡む。だから学校の試験なんかより、自分だけの力が発揮できないって意味で難しい。釣りは相手に大きく影響をうける遊びですからね。

 

ちょっと話がどんどん変な方に言ってますねw

 

強引ですが結論にもっていくと、大会に出る人には上手い人もいるけど、下手もたくさんいる。てか下手の方が多い。あ、逆に大会に出ない人にも上手い人もいるけど、下手もたくさんいる。こっちも下手が多い。トータル、大会に出ようが出るまいが下手が多いw何をもって下手なのかは、あいまいですがね。割合的に・相対的にってことで言ってます。これが僕の持論。僕も下手ですが、何か!?

 

最終的には個々の姿勢・意識の問題ですね。僕の知人にも大会出てないけど凄腕のチヌ釣り師います。努力家です。シドさんも今の姿勢を貫かれてください。釣りは大会が全てなんかじゃない!

 

よく独学で大成する人とかいるじゃないですか。数は少ないですが、いますよね。逆に著名人がトップの釣りクラブに入っているだけで上手い気分になっている人もいるでしょう。でも、別にいいんですよ。本人が楽しければそれでオールOK!僕だって下手だけど楽しんでるもんっ!釣り最高!

 

釣りをしていると多々人と比べられることがあります。他人より釣れた、釣れなかった。あいつより上手い、下手。最終的には、それを自分がどうとらえるか次第。悔しいと思う人もいれば、どうでもいい人もいる。どうとらえようとその人の価値観しだいですが、でも釣りをする以上楽しくやってほしいなとは思いますね。本来楽しいものであるはずだから。比較もいいけど、ほどほどにって僕は思います^^偉そうに言ってますが、僕も負けるのは大大大嫌いな人間ですwwww

 

答えになってますかね~~~微妙やな~w説明が足りん!ってところがあればまたいってください。お互い楽しみながら釣りを頑張っていきましょう!ではでは!





========

僕はサラリーマンとして働きながら釣りブログを書き月収10万円以上(多い月は30万程)を稼いでいます。 ですが「釣りブログ書いて月収10万稼いでる」とかいうと、超絶怪しいですよね。 でも本当に釣りブログを書いてお金が稼げるんです。

僕はもともとネットで稼ぐことが得意だったわけでもなければ、 文章を書くのが得意だったわけでもありません。 そんな僕でも今では自信を得ることができて、 会社の給料以上の金額を稼げるようになりました。 自力で稼げるようになった自信は プライベートにも良い影響をもたらしてます。

結局、稼ぐための知識があるかどうかだけなんです。 重要なことは。型(パターン)を知っているかどうかだけ。 だから学んでいけば誰でも稼げるし自信を得ることだってできる。

僕つぐむぐが学んで月収10万以上を稼ぐまでの過程を下記の記事では公開してます。

月収10万以上になったつぐむぐの物語




~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話