堤防釣りにおすすめのキャリーカート

投稿者: | 2017年11月1日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加


 

つぐむぐです。今回もなかなか面白い新製品を見つけたのでご紹介します!

 

 

・荷物が多い釣り

皆さんはどんな釣りをメインでされていますか?私のメインは磯や堤防でのフカセ釣りです。堤防だとそこそこやる人が多いジャンルだと思います。若者に主流のエギング・アジング・メバリングなんかは道具もコンパクトで軽装ですが、餌釣りはそうはいきません。何より絶対的にかさばるのが撒き餌。撒き餌だけでよく撒く人は何キロも
道具が増えてしまいます。僕も真夏のチヌ釣りの時なんかは、10キロ以上のバッカンを2つ持ち運ぶことも。ここまでする人はなかなかいないかもしれませんが、バッカン一つはアベレージかと思います。

 

 

・おすすめの助っ人

こんな道具が多い餌釣り師の助っ人として活躍するのがキャリーカートです。堤防が超絶長いときとか、カートがあるのとないのでは天国と地獄です。特に餌を大量に持ち運ぶ人にとっては、手がもげるか・もげないかの死活問題でもありますwそんな助っ人として大活躍のカートですが、見た目にもこだわれるならこだわりたい!そんな方におすすめのキャリーが、「Mushaホイールキャリーバッグ」。面白いアイデアの釣具発明請負の釣武者から販売されています。

 

 

厳密にいうと、キャリーカートにバックが合わさっているので、キャリーバッグです。正直、餌釣りは撒き餌以外にも荷物が多いので、キャリーバックは重宝します。バック自体にホイールが搭載されているため、転がしながら快適に移動することができます。

 

 

・やっぱり見た目も重要

このタックルバック、釣り用として商品化されているだけに堤防で活躍することは間違いないですが、見た目がカジュアルなので、釣り以外の用途として、例えば宿泊時のバッグとしても利用できそうですよね。こういう風に釣具の見た目って大事ですね。せっかくなら釣りだけに用途が限定されないほうがいいですもんね。僕の場合、釣りのウェアとか他のスポーツでも使えるようなデザインを選ぶようにしています。カジュアルなフィッシングTシャツとか休日の普段着としても普通に着れますしね。

 

 

・スペック

最後にスペックを見ておきましょう!

サイズ 370×390×310mm

表生地 ポリウレタン

裏生地 ポリエステル

重量 2.6kg

前ポケット 300×200×40

標準小売価格 18,000円

 

サイズ的にもちょうどいいっすね。キャリー用の取っ手を伸ばしてやれば、バックの上にバッカンを載せたりもできそう!そうすれば、バックとバッカンを一緒に持ち運べるから相当荷物がまとまって便利!値段は定価が1万8千円だけど、釣具屋は定価では売ってないだろうから、もうちょっと安く買えるでしょう^^参考までに安売り情報も最後にのせときます~ではでは!

 

Mushaホイールキャリーバッグの最安値をチェック!

 

 

関連記事:磯バッグおすすめ「がま磯クール 32 GB-305」





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話