相模湖バス釣りポイント別攻略法

投稿者: | 2017年10月28日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加

Pocket

 

つぐむぐです。メルマガ読者の匿名バサーさんからバス釣り場の情報をいただいたのでご紹介します!

 

=============

 

相模湖は神奈川県の北西部に位置するリザーバーで、バスフィッシングにおいては西東京のメジャーフィールドの一つです。リザーバー特有の切り立った地形のため、基本的にはレンタルボートによる釣りとなります。おかっぱりが出来るのはダムサイト付近にある相模湖公園内のみ。なおレンタルボート店は上流域からダムサイト域まで様々な場所で7件ほど営業しているので、狙いたいエリアによって近い場所から借りることが可能です。

 

以前は難易度の高いリザーバーとして知られていましたが、近年は魚の量も増え、比較的釣果も回復してきています。ただ釣り人の数も多いので、決してイージーに釣れる湖ではありません。ほぼ全域オーバーハングが広がり、レイダウンやストラクチャーも多いので、どこにでも魚がいそうな雰囲気なのですが、いろいろな好条件が重なっていないと魚が付いていない事が多く、粘り強く探っていくことが重要になります。

 

相模湖の代表的なバスフィッシングのポイントをいくつかご紹介していきます。

 

 

■本湖

勝瀬橋から下流域は本湖エリアと呼ばれています。遊覧船やレガッタの練習なども盛んで湖面が賑わっています。柴田ボートをはじめ相武ボート、小川亭などレンタルボート店も多いエリアです。本湖には大小様々なワンドが点在しており、釣果も期待できるエリアなのですが、レンタルボートで周るには広大過ぎるので、ある程度狙うポイントを絞っていくのが良いでしょう。

 

 

■青田ワンド

本湖の中でも最大クラスのワンドです。ワンドの奥には浚渫船が係留されていたり、アシ際があったりなど狙えるポイントも豊富で釣果実績も高く、人気のエリアです。春~秋は岸際のオーバーハングに付いている魚をノーシンカーワームやダウンショットで狙い、冬場はワンド入口付近のディープをメタルバイブなどで狙うのが効果的です。

 

 

■勝瀬橋

本湖から相模湖本流の堺に掛かっている橋が勝瀬橋です。この橋の橋脚周りにはオイルフェンスが浮いており、春~夏にかけては魚がついている事が多く人気ポイントの一つです。またボトムには流木などが堆積しており冬場のボトム攻略でも実績があります。柴田ボートから近いことや、本湖への移動の合間に狙える場所です。

 

 

 

■一二三沖

勝瀬橋からすぐの下流部にあり、柴田ボートから対岸に位置する場所が一二三沖と呼ばれるエリアです。沖まで張り出した広大なシャローフラットで、特に目立ったストラクチャーがないポイントですが、ここでの釣果実績も高く狙いどころとなっています。ライトキャロやテキサスで広範囲に探っていくと良いでしょう。

 

 

■秋山川

レンタルボート店、日相園から枝分かれしている支流が秋山川です。岸際はオーバーハングとなっており、小さなインレットやワンドなど地形変化も豊富で釣果実績の高いエリアです。上流部の水質は非常にクリアでビッグバスの魚影が見えることもしばしば。サイトで狙う釣りが好きな方に人気です。リザーバー特有の水位変化の影響を受けやすく、数メートル単位で変化することもあるので、事前に確認しておくのが良いでしょう。

 

 

■大曲

本流の上流部にあるS字に大きく湾曲したエリアが大曲と呼ばれるポイントです。岸際のシャローや切り立った岩盤など地形変化が豊富で水深もあり、ベイトも豊富であることから実績の高いエリアの一つとなっています。シャローエリアはダウンショットやノーシンカー、岩盤沿いはスモラバなどで狙っていくと良いでしょう。厳寒期は魚探で探りながらのボトム狙いも効果的です。

 

 

■島田湖

相模湖の最上流部にあたるのが島田湖です。レンタルボートでの釣行が可能なのは島田湖の上流部にある桂橋までで、それより上流はボート侵入禁止となっています。ご注意ください。なお、島田湖は相模湖のような切り立った風景とは一変して、開けた場所となっています。両岸ともに足場がしっかりしており、おかっぱりが可能なエリアでもあります。ボートで島田湖を攻めるのであれば、桂橋の橋脚周りやおかっぱりから狙いにくいアシ際などが良いでしょう。島田湖も釣果実績の高いポイントですが、移動距離が長いのでエレキのみのボートで移動する際は時間に注意してください。

 

 

ワカサギ釣り

バスのほかにもワカサギ釣りも盛んです。季節的には冬がメインで、ボートを係留してもらうスタイルが一般的。ベテランの方は3メートルほどの竿で長い仕掛けを使用し、一挙にたくさん釣られています。ただ取り回しが難しいので、ビギナーの方は1~2メートルくらいの竿をオススメします。

 

魚探があれば、魚の群れがいる水深に仕掛けを投入するのが良いですが、なければ底まで落とし、少し上げてから誘うのが良いでしょう。微細なアタリなので慣れないとあわせるのが難しいですが、うまく群れに当たると一斉に掛かります。バスの活性が低くなる季節、食べても美味しいワカサギ釣りにもぜひチャレンジしてみてください!

 

 

 

今回も貴重な情報ありがとうございます!てかめっちゃ釣り場情報ご存じですねw素晴らしい!

射程圏の人にとっては、非常に有益な情報もあったことかと思います。ぜひ次回の釣行に活かしてみてください。ではでは!

 

関連記事:津久井湖バス釣りポイント別攻略法

関連記事:高滝湖バス釣りおかっぱりポイント

関連記事:亀山湖バス釣り ボートポイント情報





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

Pocket

相模湖バス釣りポイント別攻略法」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 津久井湖バス釣りポイント別攻略法 – つぐむぐのグレ・チヌ釣りブログ

コメントは停止中です。