チヌ釣り用ストリンガーおすすめ

投稿者: | 2017年10月20日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加

Pocket

 

つぐむぐです。オーさんからチヌ釣りにおすすめのストリンガーについて情報をいただいたのでご紹介します。

===========

堤防などの釣りで小さい魚をターゲットにするときは、釣れた魚をすぐにクーラーボックスに入れるという人が多いでしょう。しかし、シーバスやチヌなど大きめの魚の場合、小さい魚のようにすぐにクーラーボックスに入れるわけにはいきません。そんなときに役立つのがストリンガーです。

 

ストリンガーを使えば、釣れた魚を活かしたままストックしておくことができます。ストリンガーは、そんな便利な道具なのです。今回は、ストリンガーの中でも強度などに定評があり、私もすごくおすすめの「がまかつチヌストリンガーセットGM-1308」をご紹介します。

 

最安値をチェック!

 

 

■特徴

このストリンガーは、チヌの大物を想定して作られていることから、安心の強度を備えています。ストリンガーを選ぶ上で重要となるのが、フックの使いやすさですが、この商品ではフックにスライドロック方式を採用(後ほど説明)しているため、簡単に魚をつけることができます。

 

さらに、魚同士を一定間隔で保てるようになっているため、魚をストックしておく際もからまらないように配慮されています。結構泳がせている魚が動いて、絡むことがあるのですが、これはその心配がありません。

 

また、ストリンガーを選ぶ上で、ロープの長さも考慮が必要ですが、当商品は使用するのに十分な10mのロープを備えています。ロープが短すぎると、魚を引っ張ってしまい、魚にダメージを与えてしまうことになりますが、10m確保してあればそのような心配はなくなります。

 

 

■安心の強度

ストリンガーでは最高レベルの耐荷重が8㎏と、磯釣りで安心して使える強度があります。これなら大物を数多く釣り上げても大丈夫です。チヌの2キロクラスであっても、4匹付けれるので。

 

 

■スライドロックでしっかり固定

フック部分には、スライドロック方式が採用されているため、魚をつけやすくするだけでなくしっかり固定することもできます。画像をみるとイメージがわくと思います。

 

 

 

■ロープは10m

ロープは耐摩耗性に非常にすぐれている素材です。長さはかなり余裕を持たせるようにするため約10mにしてあります。余裕をもった長さであるため、魚を引っ張っることがなく、魚の弱りがなくなります。高さが10メートルの釣り場であれば意味がありませんが、普通の堤防(高さ3~4メートル)であれば問題なく利用できる代物です。

 

 

■ロープ巻きの素材がステンレス製

ロープ巻きには、巻きやすさに加えて汚れに強くするために、本格的なステンレスが採用されています。これにより、耐久性が増しているので、長く利用することができます。こういう小さな配慮がありがたいと思います。

===========

レポートありがとうございます。僕はチヌは基本リリースですが、もって帰るときはキーパーバッカンに入れて持って帰ることが多いです。刺身は活き造りが好きなのでw

けどストリンガー派の人もかなり多いので、この商品を好んで使用している人も多いのではないでしょうか。ストリンガーで活かすか、キーパーバッカンで活かすか、そのアタリは好みの問題でしょう。

ストリンガーの購入を検討されている方は、オーさんの意見も一意見として参考にされてみてください。ではでは!

 

最安値をチェック!

 

関連記事:キーパーバッカンはダイワ製がおすすめ





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

Pocket