釣れるオキアミの自作加工法 その1

投稿者: | 2017年10月12日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加

Pocket

釣れるオキアミの自作加工法 その1

 

つぐむぐです。

今日からつけ餌の定番・オキアミの加工法について連載で書いていこうと思います。

今日は第1弾ということで、食い渋るグレにとりわけ有効なオキアミ加工法を記述していこうと思います。

 

早速なんですが、第1弾の加工法は以下の2ステップで作成することが可能。

 

【ステップ1】

オキアミ生にマルキュー「グレにこれだ!」をかける

※掛けすぎに注意してください!w

 

グレにこれだの最安値をチェック!

 

 

 

【ステップ2】

マルキュー「活性起爆剤グレ」をふりかけて混ぜる。

手が汚れたくない人は割りばしとか使うと良い。

活性起爆剤の最安値をチェック!

 

→まんべんなく混ぜたら完成!

 

以上になります。

 

ちなみに、オキアミ生は僕の場合、マルキューのスーパーハードを使っています。

 

スーパーハードは形もきれいだし、丈夫なので、加工してもしっかり針に付けることができます。サイズはチヌ釣りではLサイズ、グレ釣りではMサイズが僕のスタンダードっすね。これが、ずぶずぶの生オキアミなら、加工することでさらにブヨブヨになって、針持ちがすこぶる悪くなってしまいます。

 

こうなると遠投釣りで使えなかったり、餌取りがちょっと触っただけで、針からとれたりと良いことがありません。だから生オキアミはちょっと固めに加工されたものを使用することをおすすめします。

 

ちなみにステップ1とステップ2は、順番を逆にしないでください

 

理由は「活性起爆剤グレ」が粉末なので、先にオキアミにかけてしまうと、オキアミの水分を吸い取って、オキアミがパサパサになってしまいます。なので、この加工法に限らず刺し餌に粉末を掛ける場合は、できるだけ後にするのが良いでしょう。

 

グレにこれだ!はその名のとおり、グレが大好きなもののエキスが、ものすごく濃く凝縮された液体です。釣り場でサシエにかけても効果はあるでしょうが、僕はより効力を向上させるために、最低でも前日には仕込んでます。最低ですよ。最長だと、1~2週間前から仕込むこともあります。しこみ期間は気分次第ですけどね^^

 

例えば、前回の釣行であまって、久々に釣りに行く時とか2ヶ月前に仕込んだオキアミを使ったこともありますが、グレはしっかり喰ってきましたばい。仕込み期間が長い方がオキアミの身までしっかりエキスがしみ込むのでね。これがシビアな時によいのです。ふふふ。。。

 

活性起爆剤グレも、食いの渋いグレに口を使わせるための成分が満載。名前からして、いかにも喰いが爆発しそうじゃないですか?w人間でいう赤マムシエキス的なねw

 

「グレにこれだ!」と「活性起爆剤グレ」という、グレの食い気誘発剤の最強コラボが織り成すオキアミ加工法。

ぜひぜひお試しあれ!

 

最後に僕の事例をご紹介して結びとします。

 

僕はこの餌、特に厳寒期に重宝しています。「グレが全く喰わないときに食わせる」っていうよりは、僕の場合、寒グレの小さいアタリがでるけど針にかからんって時に、この加工を施したオキアミにかえて、一投目でガーンと40オーバーのグレを掛けた経験があります。

 

しかし、これはほんと一例で、普段のグレ釣りにこの餌は絶対持参しています。それは梅雨だろうが秋だろうが。

年中使えるし、グレの食い込みは超絶いいので、引き出しの一つとして持っておくと絶対役に立ちますよ。

 

今回の加工法は以上になります。ボチボチとオキアミ加工の連載を続けていきますので、次回もお楽しみに^^

ではでは!

 

関連記事:解凍したオキアミの再冷凍保存期間とマル秘加工方法

関連記事:オキアミが針から外れにくい付け方・サイズ





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

Pocket