【テトラからのチヌ釣り】バラシを減らし、取り込み率を上げる戦術

投稿者: | 2017年5月3日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加


【テトラからのチヌ釣り】バラシを減らし、取り込み率を上げる戦術

 

 

どうもつぐむぐです。

 

メルマガ読者の大原さんから質問をいただいたので回答します。

 

 

==============

 

つぐむぐさん。こんにちは大原です。

 

今回質問させていただきたいことは、テトラにおいてのズボ釣りです。

 

最近よく行くようになった港は、

テトラが沈めてありまして、

波止の曲がり角のテトラからやってると

よくチヌらしきあたりがあります。

 

 

しかしながら竿に乗せるまではいいのですが、

やりとり開始からすぐに手前、

あるいは横に走り出しハリス切れというのが多々あります。
かなりの大物と思わしきアタリもありましたので、かなり悔しいです!
こういったテトラ帯での取り込み率を

上げるやり取りの方法がありましたら教えていただけますか?

 

==============

 

質問ありがとうございます。

 

う~ん、バラシが多いとムカつきますし悔しいですよね。

 

 

やり取りの方法の極意は「とにかく魚を怒らせない」なんですけど

テトラがあると、基本的に魚はそっちに走りますからね。

彼らも命がけですし。

 

 

テトラは場所が場所なんで、

僕ならヤリトリ云々よりもタックルの強化を図ります。

 

 

今、大原さんの使ってる道糸とハリスの号数が分かりませんが、

僕推奨の1.5号を普段使われていて、バラシが多いのであれば、

ハリスの号数を上げるのが一番てっとり早い対策だと思います。

実際、これが効果も一番高いと思います。

 

 

ただ、以前どっかで話をしましたが、道糸とハリスの号数の差は、

1番手以内に押さえたいので、まずはハリスの1.7号を使ってみるといいかと^^

一番手上げるだけで、かなり取り込み率は上がるはずです。

 

関連記事:【フカセ釣り道具】釣り糸(道糸・ハリス)に関する考察

 

 

それでも、切れるようであれば、2号といきたいところですが、

その前に1.7号の段階で、やり取りを強引にしてみるのも良いと思います。

 

強引といっても、まずはリールをゴリ巻きするのではなく、

チヌをその場所から動かさないようにしっかり竿を支えて

竿でタメながら、チヌの体力を削ぎ落とすのがいいと思います。

ポイントとして、糸は一切出さないことです。

 

 

あくまで、ゴリ巻きは最終手段で^^

 

 

ちなみにゴリ巻きするなら、ハリスを2号に上げるタイミングで

一緒に道糸も2号に上げてやると安心です。

2号までなると、チヌ釣りでは、もうまじでラインが切れません^^

 

 

ちなみに、僕の場合は替えスプールを持っているので、

道糸の号数アップもフィールドですぐに対応できています。

 

 

テトラの石も、いろいろ見えないところにも沈んでいるでしょうから、

やり取りに不安が残るようであれば、もうはじめから

道糸とハリスを2号通しにしても良いでしょうね。

 

 

ちなみに僕は1号の竿を使ってるんですが

3号の道糸・ハリス通しまでなら、全く問題なく使えてます。

 

 

以前も言ったとおり、細いハリスで釣れた方が自慢にはなりますが、

ばらしが多いようであれば、それはそれで問題です。

 

 

あくまで推奨仕掛けは、スタンダードな基本仕掛けということで、

状況にあったタックルチョイスが大事ですね^^

 

 

ちょっと長くなってきたので、そろそろまとめようと思うのですが、

テトラでの釣りは、ストラクチャーであるテトラにチヌも結構着いてるので

あまり遠投せずに釣るのであれば、道糸・ハリス共に2号に上げてみると良いかと。

 

 

あと、遠投して沖でチヌを掛けるってのもありですね。

沖であればテトラの石が落ちてない可能性もあるので。

普通にやり取りしても、バラシの確立は沖がかなり低いはずです。

 

 

遠投釣りをして、沖でチヌを浮かせる作戦であれば、

もしかしたら道糸・ハリス1.5号でいけるかもしれないし、

厳しければハリス1.7号みたいな感じで上げていけばいいと思います。

 

 

僕なら以上のような感じでタックル展開をしてみます。

 

 

参考になったでしょうか?

 

 

結局釣ったもの勝ちなので、

「やられる時は遠慮なく道具を強くする!」

って位の大らかさで釣りをしてみてください^^

バラシたら意味が全くないので^^

 

 

ちょっとヤリトリとは違いましたけど、

以上の作戦でテトラでの取り込み率は上がると思います。

 

また何かありましたら、遠慮なく質問してくださいね^^

 

 

ではでは!

 

 

関連記事:ハリスの号数を太くする・上げる時に忘れてはならないテクニック





========

僕はサラリーマンとして働きながら釣りブログを書き月収10万円以上(多い月は30万程)を稼いでいます。 ですが「釣りブログ書いて月収10万稼いでる」とかいうと、超絶怪しいですよね。 でも本当に釣りブログを書いてお金が稼げるんです。

僕はもともとネットで稼ぐことが得意だったわけでもなければ、 文章を書くのが得意だったわけでもありません。 そんな僕でも今では自信を得ることができて、 会社の給料以上の金額を稼げるようになりました。 自力で稼げるようになった自信は プライベートにも良い影響をもたらしてます。

結局、稼ぐための知識があるかどうかだけなんです。 重要なことは。型(パターン)を知っているかどうかだけ。 だから学んでいけば誰でも稼げるし自信を得ることだってできる。

僕つぐむぐが学んで月収10万以上を稼ぐまでの過程を下記の記事では公開してます。

月収10万以上になったつぐむぐの物語




~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話