【水中映像あり】小浦一文字・沖防波堤(和歌山県日高郡)釣り場所・ポイント情報

投稿者: | 2017年4月4日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加

Pocket

小浦一文字・沖防波堤(和歌山県日高郡)釣り場所・ポイント情報

 

 

どうもつぐむぐです。

 

メルマガ読者の益田さんから

フィールドレポートをいただいたのでご紹介します。

===================

 

今回私が紹介するのは、和歌山県日高郡にある

「小浦一文字(沖の一文字)」と呼ばれる沖防波堤です。

※グーグルアースでなら見えます。

 

私はこのポイントに現在月に2回ぐらい通っています。

ただ、冬は風のため、釣りにならないことが多いです。

 

私は今、ここで両軸リールで、カゴの遠投釣りをしています。

そのため、足場の良さと、

5.3m~6mの竿を振りかぶるため、後ろのスペースが必要ですが

この場所は条件を満たしています。

 

小浦一文字の魅力は、何と言っても大物魚(マダイ,グレ、チヌ、イシダイ、青物)が釣れること。

それに足場がよく安全であることや釣り場が空いていることです。

 

ただ、ファミリーフィッシングには、沖の波止なので雨風など、きびしいと思います。

 

最近はルアーの若い人が増え混みます。

特に夏はシイラがターゲットです。

渡船利用ですが、子供さんや女性の方もチラホラいらっしゃいます。

 

渡船料金は、大人4000円、子供(小学生)3000円。

※照ちゃん渡船、浜吉丸を参照

 

本命がよく釣れる時期ですが、マダイが5月~11月と狙えます。

 

先述のとおり足場良く、渡船屋に駐車場は有ります。

当然ですが、沖防波堤のため、トイレやコンビニはありません。

 

私の過去の実績としては、ハマチ60センチ、マダイ60センチ(釣り仲間です)があります。

 

釣り方を間違えなければ良い釣りができる場所です。

そのため、勝率の高い釣り方を現在研究しております。

===================

 

レポートありがとうございました!

 

黒潮の分岐流がぶちあたりそうな好立地で

かつ大型魚の魚影も濃くて楽しそうな釣り場ですね!

 

これだけポテンシャルのある釣り場で

渡船代が4000円というのも超リーズナブルだと思います。

 

 

ネットで調べてみたんですが、小浦一文字は

カゴ釣りが、めちゃくちゃメジャーなフィールドみたいですね。

しかもクエ釣りもできるんだとか!?

中には日本最強クラスの堤防という表記まで見つけました笑

 

 

その証拠に小浦一文字で撮られた水中映像がこちら↓

 

 

 

う~ん。やばい化け物が、わんさかいますねw

イシダイの魚影も濃すぎてウケるw

このクラスになると、もうフカセタックルだと、厳しすぎますね(爆)

 

 

しかし重装備をして、

いつかは釣り上げてみたい夢のある魚ですね!

 

 

真鯛や青物が釣れるだけに潮通しも抜群なのでしょう。

良型のメジナも狙えそうですね!

 

 

真鯛であればフカセ釣りでも十分狙えるので、

引き出しの一つとして、ぜひズボ釣りを利用してもらえると幸いです。

 

 

いい釣果報告をお待ちしています!

 

 

ではでは!

 

関連記事:下津港防波堤付近一帯(和歌山県海南市)釣り場情報

関連記事:田ノ浦漁港(たのうらぎょこう 和歌山県和歌山市)釣り場情報

関連記事:【和歌山の磯釣り】白浜グレ釣果情報!

関連記事:和歌山釣り場情報(比井の地磯)

関連記事:和歌山釣り場情報「紀ノ川河口一帯」





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

Pocket