サビキ釣り仕掛けを自作するといいことだらけ

投稿者: | 2017年1月25日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加

Pocket

どうもつぐむぐです。

 

勘の鋭い方なら、タイトルを見られただけでお気づきなのかも知れません(笑)

 

 

今回のテーマは、

仕掛けの一つ一つにこだわりを持ちたい方の為に、

いつものように出来上がったサビキ仕掛けを購入して使用するのではなく、

個々の材料から仕掛けを制作する事にスポットを当てたいと思います。

 

 

知らない言語が出てきたり、凄く面倒な作業が目白押しだったりと、

少し敷居が高いお話になりますが、知識だけでも持たれていると、

ちょっとした知識の差で、他のアングラーと釣果に差が出たりするのです。

 

 

僕も昔サビキ仕掛けを自作しまくってました。

小学生~中学生くらいの時期ですね。

あの頃は、ものを作るのが楽しかったし(図工気分だったw)、実際よく釣れるんすよね^^

 

 

初心者の方にも出来るだけ分かり易いように、

砕きながらまとめてるので、最後までお付き合い下さい。

 

 

ではでは、早速始めて行きましょう!

 

 

 

 

●仕掛け自作のメリット

仕掛けを自作している人って、

昨今のアングラー、特に若いアングラーにはほとんど居ないのではないでしょうか。そんな時間があったら、釣っている時間に回したいのが普通ですよね?^^しかし、「若いアングラー」なんていったら、なんだか僕が長老みたいですが、まだまだ若いと思ってますw

 

 

それはさておき、今の時代、釣具も含め何でも揃う便利な時代ですから、わざわざ仕掛けを自作するのは、釣り歴が長い人でさえも、あまり経験していないかも知れないですね。ではなぜ、こんな便利な時代にわざわざアナログで自作する人がいるのかというと・・・

 

 

  • 市販されていない「有効な仕掛け」が存在する

  • 市販の仕掛けより沢山釣れる

  • 手間はかかるが費用を抑えられる

  • 自作の仕掛けで釣れた時の高揚感

  • 周りのアングラーと差をつけたい

 

どれも釣り人の皆さんなら分かる理由じゃないでしょうか?w当たり前のことばかりかとw同じ魚が釣れた時の喜びが増えるってちょっとお得感ないっすか?人生の充実度がちょっと上がるのでね。ではこれから具体的に、どんな自作例があるのかを紹介していきます!

 

 

●サバ皮仕掛け

自作の仕掛けで代表格なのは、本物のサバ皮を使ったサビキ仕掛けです。

画像引用:来島丸日記

 

 

こちらは、スーパーマーケットや鮮魚店、またはご自身で釣り上げたサバを、ウロコを落として皮だけ剥ぎ取り、1日以上屋外に干して水気が抜けたモノを、ハサミでカットしながら針に巻き付ける仕掛けです。う~んなんてアナログw

 

 

画像引用:手漕ぎボートでまっしぐら!

 

 

サバ皮独特の匂いと、海中での反射の加減が絶妙で、市販のサビキよりも釣果がよく一度その違いを体感すると、もう市販の仕掛けでは物足りなくなりますよ!手間ではありますが、雲泥の差がでます。そりゃそうだ!だって人工物とは違う本来サバが持つ匂いがあるのでね。それが魚たちの食いの本能を刺激するのですばい!

 

これ大漁のコツですわ・・・以前書いた大漁のコツの記事に書いてなかったんで、ここで補足って形にします(爆)出し惜しみした訳じゃないですからねwただ単に忘れていただけです。

 

 

 

●スキンゴム仕掛け

次に、スキンゴムを使用したサビキ仕掛けです。

出典:YouTube 「サビキ針にスキンを巻く方法」

 

 

こちらは、市販の仕掛けでよく見掛ける仕掛けですね。普通、市販のモノだとピンク色と相場は決まっているのですが、自作となると様々な色を選択する事が出来る訳です。自分のサビキ針だけが、緑色や黄色などのカラフルな色をしているだけで、周りの注目、そして魚の注目を浴びる事は想像に難くないですよね(笑)

 

しかも、スキンゴムの中には夜光性のモノまでありますから、夜釣りなどで、他のアングラーよりも断然釣果を伸ばせる事は容易に想像できます。サビキの夜釣りをやる方はこれを導入するだけで、周りに勝てる可能性がグンとあがるんでお試しあれ^^

関連記事:サビキ釣りで夜釣りはアリなの?

 

僕は「カラー戦略の信者」ですから、色をいろいろと変えることは超絶おすすめします^^実際、当日の状況次第で当たりカラーが変わるし、当たるとまじで食いが変わるんで。いろんなカラーを作って持参しておくだけで、何歩も周りよりリードできまっせ^^

●自作に必要な材料

画像引用:アジ釣り日誌 「自作サビキ」

 

左上から

 

  • 発光玉1号

  • チヌ針1号(袋入り)

  • スキンゴム(薄ピンク色)

  • スナップ

  • チヌ針1号

  • ハリス1.2号(フロロカーボン製)

となっております。

 

スキンゴムが手に入らない方は、コンドームで代用しても大丈夫ですよ(爆)まじですw全然いけますwあとはハサミとニッパーがあれば十分でしょう。

 

 

「え?これだけ揃えると逆に高くつくのでは?」と、思われるかもしれませんが、合計金額は少し高くなったとしても、4~5倍の量が作れますから、長い目で見ると、自作の方が安価になっているという訳です。全体の購入金額が一時的に高くなったとしても、仕掛け一個あたりの単価がガクッと落ちますので、ここは考えものです。さらに個々の道具を単品で購入した方が道具自体の質も確実に高い。なので、トータルでみると、「仕掛け一個あたりの単価は安いし質も良い」ってなるので、僕は絶対バラ買いをおすすめします^^

 

 

 

●さらに節約を目指す人へ

画像引用:サバイバル節約術 

 

この様に、どちらの家庭にもあるビニールテープ(またはビミール袋)を利用するという、究極の 「節約術」 も存在します(汗)嘘だと思うかもしれませんが、これでも実際かなり釣れるんで、「市販の釣り具を買うのがもったいないぜ!」ってアングラーにとっては重宝するアイテムですバイw

 

 

 

●サビキ仕掛け(エダス)をラインへ結ぶ


出典:YouTube 「枝針(エダス)の結び方」

 

 

サビキ仕掛けが出来上がったら、いよいよラインへ結んで完成となります。実は、この作業が一番大変だったりするのですが…(汗)せっかく自作したサビキ仕掛けも、この作業がおろそかになると、魚が釣れても途中でラインブレイクしてしまいますので、気合を入れて編み込んで下さいね!やり方は上の動画が分かりやすいので、じっくり見てやってみて覚えちゃいましょう^^

 

 

 

 

●仕掛けができたらいざ!海へ!

ここまで頑張ったら、あとは海で結果を出すだけですね!きっと、その努力は釣果という形で報いてくれるハズでしょう!

 

自作の仕掛けで沢山釣れた時の喜びは、恐らく今までに経験された事のない感動になると思います。僕も少年時代にすごく感動したのを覚えてます。特に周りの人たちより釣果がよかったりするとたまらんでしたねw普段の釣りが何倍も楽しくなります。やっぱりオリジナル仕掛けって楽しい!

 

「サビキ自作」という創作活動を通して、皆さんがサビキ釣りをますます好きになって頂ければ、僕としても感無量といった処です(笑)サビキ釣りの関連記事も書きまくっているので、よかったらどうぞ!ではでは!

Enjoy! Fishing!

 

関連記事:サビキ釣りとは?釣れる魚17選

関連記事:サビキ釣り初心者に大漁のコツ教えます

関連記事:サビキ釣り冬場は釣れる時期なの?

関連記事:サビキ釣り 釣れる魚の時期と時間

関連記事:【初心者これだけ!】サビキ釣り仕掛けまとめ2選「作り方~しまい方」

関連記事:サビキ釣り餌 選び方・作り方・代用品・テクニックまとめ

関連記事:サビキ釣りおすすめ竿の選び方

関連記事:サビキ釣り初心者おすすめ仕掛けセット4選

関連記事:サビキ釣り初心者おすすめ仕掛けセット4選





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

Pocket