釣り雑誌を初心者におすすめしないワケ・・・

投稿者: | 2016年12月23日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加


釣り雑誌を初心者におすすめしないワケ・・・

 

 

どうもつぐむぐです。

 

今日久しぶりに本屋の釣り雑誌コーナーの近くを通った!

 

昔は毎月3冊位買ったもんだ。

魚を釣れないときほど、「勉強!勉強!」と意気込んで

暇さえあれば、雑誌を読み漁った。

 

今は釣り雑誌を買うことがめっきりなくなった。

理由は単純で、釣り雑誌を買う意味を見出せないからw

 

僕がどうして釣り雑誌を買わなくなるに至ったのか、

釣り初心者さんの参考にもなると思うんで書いてみたい。

 

 

・どうでもいい情報が多すぎる

これが決定的な理由w

 

どうでもいいってのは、

「技術の向上にとってはどうでもいい」ってことだね。

 

釣りガールを目の保養に見るとか、渡船会社の情報を見るとか、

各メーカーの新商品を見るとか、そんなので見るのはいいと思う。

いわゆる娯楽としてね。

 

てか、これらの情報も今やネットで見れるんで、

僕はわざわざ釣り雑誌で見ないけど。

 

まぁそれはいいや。

 

雑誌に書いてある情報が多岐に渡りすぎて、読み終えた時、

読者は何を習得できたのか曖昧になる。

 

例えば固定、半誘導、全誘導、ズボ釣り、スルスル釣りなどなど・・・

レポート書いてる人の釣り方もバラバラ。

 

情報がたくさんあるということは、

読者に選択の判断がゆだねられるということ。

 

でも初心者のように、まだ判断の基準がなければ、

情報が多いというのは迷いを生むものにすぎない。

 

「情報が多い」・・・聞こえは、いいんだけどね。

 

僕は最初チヌ釣りをはじめた時、「釣春秋」って雑誌を読み漁った。

本にマーカーまで引いて読んでた。(それくらい学校の勉強もすればよかったのに・・・汗)

いろいろ知識が載っていて、勉強してて楽しかった。

 

でも、いろいろ知ってるもんだから、

コロコロ、コロコロ自分の釣り方を変えた。

いろいろ知ってると「もっといい方法があるんじゃないか!」ってなっちゃう。

でも全然僕に結果は出なかった。

 

ぬわぁ、ぬわぁ、ぬわぁぜだ~~~~~~!

ぐわぁんばって勉強しているのに!

 

なぜかって?

 

 

はい。

 

それは、仕掛け使いこなせてなかったから

以上。。。。

 

 

自分が使いこなせていないくせに、

仕掛けに戦力外通告を出していたからw

 

仕掛けっていうのは、使えばそれでOKなわけじゃない。

使いこなせて始めて意味がある。

 

当時の僕はそんなことを知るわけもなく。

ウキだけに恐らく10万以上金を投資した(爆)

厳密にいうと投資ではなく、浪費、消費。

リターンがなかったんで、全く投資じゃないね^^

 

では、これはいい経験だったのか?

 

 

いやいやそんなことないでしょ!

 

僕は自分を納得させるという意味で

「いい経験だった」と確かに言いたくなる。

だが、それは自分の過去の行動を

正当化しようとする慰めにすぎない。

 

過去の自分に厳しくいうと、10万も金をドブに捨てて、いい経験なワケないw

どうせ経験するなら、もっと内容の濃い経験をしたいもの。

ワクワクするような、次につながるような経験をしたいもの。

どうせ同じ結果にたどり着くなら、速いほうがいいに決まってる。

結果が同じなんだから。

 

人生は有限だ。時間は限られている。

 

釣り雑誌を読んでいるのに、上達しないという人は

過去の僕と同じ罠にはまっていることが多いと思う。

もし過去の僕と同じような状況に陥ってる人がいたら

使える釣り方・知識に絞って学習することをおすすめする。

 

 

 

・釣果自慢をされてもねぇ・・・

2つの目の釣り雑誌読まない理由がこれw

てか、これも上のどうでもいい情報とかぶってるね(爆)

 

釣果を自慢するのは自由だが、

読者にとってはぶっちゃけどうでもいいw

そんなのはどうでもいいから、釣り方の詳細を教えろよ!w

 

しかも、記事が誌面に載るまでにタイムラグがあるので、情報の鮮度にも疑問が残る。

 

釣りをする上で情報ってホント大事。

釣り=情報戦といってもいい。

 

もう何年も前の話だけど、釣り新聞に「サンマ大漁!」って記事が載っていた。

九州でサンマなんてめったに釣れないから、

さぁいくぞ!と思って週末(3日後位だったはず?)に釣りに行ったら

群れは一切いなくなっていた(涙)

新聞情報では1人100匹とか釣れてたのに!怒

 

魚は人間の都合にあわせてくれないから当たり前w

ひどい時は1日でも消えうせる。

てなわけで、あまり読む価値のない釣果自慢を眺めるのは

ほどほどにした方がいいと思う^^

 

 

・じゃあ釣り雑誌を読むのはいけないのか?

 

ここまで、僕が釣り雑誌を読まない大きな理由を2つ述べてきた。

 

全く釣り雑誌を読まない僕だけど、

先にもいったように、知識の習得という意味ではなく、

娯楽として楽しむなら別に読んでいいと思う。

 

釣りにいけないときほど、好きな魚の顔を見たい。

飛行機に乗っている間は釣り雑誌を読みたい。

それはそれで立派な理由だ。

そんな楽しみを否定するつもりは毛頭ない。

ただ、僕は「スキル向上の参考書としての釣り雑誌」に疑問を呈しているだけ。

 

釣り雑誌に完全依存している人は

早くその状態を脱却したほうがいいとガチで思う。

むろん効率よく魚が釣りたい・上達したいのであればだけど・・・。

 

てなことを考えている僕ゆえ、

今日も釣り雑誌コーナーの近くは通ったが、

もちろん表紙の写真意外、何も見なかった僕なのであった・・・

 

 

END





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話


釣り雑誌を初心者におすすめしないワケ・・・」への2件のフィードバック

  1. 前田

    僕たちは、つぐむぐさんが4年弱もかけて築き上げた最強の釣法を暴露して教えていただけている…スゴいことですよね。

    感謝しかないです。

    ありがとうございます。

  2. ピンバック: 【閲覧注意】欲求不満の解消法 – つぐむぐのグレ・チヌ釣りブログ

コメントは停止中です。