読まれる記事作成のコツ「顔面効果」

投稿者: | 2016年12月19日


★LINE限定コラム配信中!

友だち追加


sep_324615200159_tp_v

読まれる記事作成のコツ「顔面効果」

 

 

 

どうもつぐむぐです!

 

皆さんの家にはチラシやフリーペーパー誌など届いてますか?

地域によって、いろいろ種類があると思う。

 

もちろん僕の家にも定期的にいろいろ配布物が回ってくるけど、

全体的に

 

いや~文字多すぎやね!

 

 

筆者はあれも、これも、それもって・・・

言いたい情報突っ込みすぎ(笑)

 

気持ちは分かるけど、読む気失せるわ~。

字が多すぎて、受験の国語の問題ですか?ってガチで思うw

 

読み手心理を無視だね。完全に(笑)

ほんと自己満記事とか止めろ~!って思う。

 

あ、そうそう、

 

今日ネットサーフィンしてたら、グーグルの広告に

可愛い女子大生の顔が載っていた。

 

sep_327215200714_tp_v

※写真はイメージ

 

正直、僕は、速攻で目が行ったよ(笑)

 

これだけだよ。

 

たったこれだけ

 

人に目を向けさせる・人の注意を引くテクって、

実はそんな難しいことじゃない。

 

たった、1枚女の子の画像を貼ってあるだけなのに、

僕はまんまとグーグルの作戦にはまってしまった(爆)

 

184

 

雑誌とか読んでて、人の顔の写真があると、

どんな人が載ってても、ついつい顔を見てしまわないっすか?

顔だけは一応チェックしてしまわないっすか?

 

 

もしかすると普段は意識してないかもけど、

恐らく多くの人が無意識に、そういう行動をとってる。

今度意識してみて^^

 

クラスの集合写真でも、職場の写真でも、

部活の写真でも、なにか人がやってる写真でも、

被写体の年齢・性別とかあまり関係なく、

人の顔があると、ついつい人は見てしまう。

 

僕の場合は、特に

「誰か可愛い女の子いないかな~」みたいに探しちゃう^^

分かる男性諸君多くないっすか?^^

 

本能的に人は、他人の顔に関心がある。

特に異性の顔には(笑)

まさに顔面効果

 

配布物は、まず見てもらってなんぼの世界。

文字を大量注入する前に可愛い女の子の写真とか

イケメンの写真貼れよって思う^^

 

まず記事の存在に気づいてもらわないと

どんなにいいこと書いてても読まれませんぜ!

 

 

今のご時勢、「フリー写真」って検索すりゃ

腐るほど画像なんて出てくるしね。

もちろん人物の写真も。

 

可愛い女の子の写真とか、商用フリーのサイトでいくらでもとれる。

 

 

そういや人の行動段階には大きく

1)NOT READ(読まない)

2)NOT BELIEVE(信じない)

3)NOT ACT(行動しない)

の3つがある。

 

多分というか、絶対地元の配布物ってほとんど

「1)NOT READの壁」すら越えれてない。

 

そのくせ、その壁は越えた前提で記事作ってるから笑っちゃう。

「誰も文字だらけの記事とか読まん!」っての。

 

 

まず見てもらわないと何もはじまんない。

それなのに、見てもらった後のところを、気にしてどうする。

見てもらうために、いろいろと工夫をしなくちゃいけない。

 

これは僕だってブログ記事だって同じ。

ブログだって文字数が超絶多かったら読む気失せる。

改行が全然ない記事とかも萎える。

 

僕の記事もたくさんの人に見てもらえるように

顔面効果をはじめ、いろいろ工夫・勉強しながら

頑張っていきます!^^

 

ではでは!





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1780人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインで限定コラム配信中!☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話


読まれる記事作成のコツ「顔面効果」」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 平塚新港釣果クロダイ3枚(2017年1月16日) – 釣りこそ我が師なりⅡ~つぐむぐ@福岡のグレ・チヌ釣りブログ~

コメントは停止中です。