コインチェック仮想通貨ハッキング事件を受けて

投稿者: | 2018年1月30日
Pocket

・仮想通貨が盗まれた!

先週仮想通貨取引所「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨が盗まれた事件がありましたね。これによって「仮想通貨は危ない」と思った人が大多数かなと。今回の事件で日本人の仮想通貨への参入がちょっと緩やかになったんじゃないかなぁなんて考えています。価格が落ちたので市場から逃げ出した人も多いことでしょう。ほとぼりが冷めたらまた新規加入者が増えるでしょうが。

 

・つぐむぐの資産はどうなった?

さて僕はというと、資産をコインチェックにはたまたま置いていませんでした。ほんとたまたまです。アカウントは持っています。これは運が良かっただけです。ただ「良かった」と思っているだけでは、別の取引所がハッキングされた時に私の財産はパーになります。ええ、確実に。取引所は常にハッカーたちの標的になっているでしょうから。

 

・今後の対応

今回の事件で僕は取引所に財産を置きっぱなしにするのは超絶危険だと認識しました。昨年の11月参入組みの私にとって取引所ハッキング事件は始めてであり、ネット上で「取引所保管は危ない」という情報は持っていましたが、未だに対策ができていませんでした。

普通の日本人の感覚だと「銀行=取引所=安全」だと思いますが、実際そんなことはありません。取引所はインターネット上に存在するので、常に不正アクセスの危険にさらされています。だから取引所で仕入れたコインはインターネットから切り離したウォレット(コールドウォレット)に保管するか、それができなくても取引所から個人のパソコンやスマホのソフトウェアウォレットに移しておくと安全性が劇的に向上します。

 

早速僕もNEM(XEM)専用のナノウォレットを作成し、資産を移管しました。これでXEMは安心安心。

 

ソフトウェアウォレットは秘密鍵と言われるコードを第三者に盗まれない限りは盗難にあうことはありませんか
ら。取引所保管の場合は秘密鍵の管理を取引所に任せている状態なので、取引所がハッキングされたらアウトってことですw

 

自分のパソコンがハッキングされない限りソフトウェアウォレットは安全ということです。大量の資金を持つ取引所に比べたら個人がハッキングされるリスクは超絶低いでしょうしね。ハッカーからしてもコスパーが悪いので。

 

という訳で、今回の事件を受けて僕は取引所保管を辞めて全ての仮想通貨をソフトウェアウオレットやコールドウォレットに早く移さないといけないなと痛感しました。前から「移さないと」とは思ってはいたんですが・・・

行動が遅いと資産を失うことになりかねないので「面倒」とか言ってないで移す準備をしようと思います。取引所というのは、どんなに堅牢なセキュリティーを構築してもハッキングリスクはあるようなので。仮想通貨をやっている人で対策ができてない人はこのタイミングで一緒にやりましょう^^ではでは!

 

ちなみにNEM(XEM)の取引をしたい人はザイフ一択ですよ~♪ではでは!





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1350人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実



~釣り人におすすめの記事~

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

Pocket

コインチェック仮想通貨ハッキング事件を受けて」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 仮想通貨の総資産が80万から20万円まで下がりました(死亡) – つぐむぐのグレ・チヌ釣りブログ

コメントは停止中です。