南康史チヌ釣り名人 ランカーチヌを拾うサイズアップテクニック

投稿者: | 2017年12月17日


★LINEで釣具のプレゼント情報を配信

友だち追加

Pocket

https://www.fishing-club.jp/program/377/

 

つぐむぐです。今回はチヌ釣り師なら知っている人も多い南康史名人の釣りテクニックを紹介したいと思います。テクニックと一言でいっても、ジャンルが広いので、今回は「チヌのサイズアップ」ということで、書いていこうと思います。南さんを知らない人は以下の記事もあわせてみてみてね^^ざっくりいうとG杯を4回全国制覇した名人さんです。

関連記事:南康史のチヌ釣り仕掛けから盗めるテクニック!

 

 

南さんの仕掛け

南さんのチヌ釣り仕掛けの特徴を一言でいうと、軽いってことですね。できるだけ軽い仕掛けを自然と入れ込んでいく釣りスタイルを基本としているようです。状況にもよるでしょうが、ガン玉は打ってもG7を2つとかみたいです。G7を2つってことは、大体G4を1個打っているようなもんなので、軽いですよね。めっちゃ軽い!

 

 

普通のチヌ釣り

チヌ釣りというと、基本底釣りってイメージですが、南さんは上記のように軽い仕掛けで、フワフワと自然体で仕掛けを入れ込んでいくイメージで釣っているようです。実はこのフワフワ沈めることには理由があるようで。それは「このスピード感じゃないと釣れないチヌがいるから」とのこと。このスピード感じゃないと釣れないチヌとは、一体・・・

 

また、フカセ釣りの基本は撒き餌の芯(撒き餌が一番効いている場所)を攻めるのがセオリー。撒き餌を食べに魚たちは来るわけだし、その場所に仕掛けを投げた方がチヌが釣れる可能性は高い。仕掛けと撒き餌の同調も図れるからね。けど、南さんはサイズアップさせたい時に、このセオリーをあえて外してる。では一体、どんな風に外しているのかを次の章で見ていきましょう!^^

 

 

テクニックの真髄

まず大前提として、南さんは「大型のチヌは撒き餌の芯ではない場所にいる傾向が高い。底に溜まりやすい撒き餌を使うケースなら、底よりも浅いタナ、また潮が流れている状況であれば、芯より潮下に潜んでいることが多い。」と考えているらしい。撒き餌の芯には平均サイズが集まる傾向が強く、その釣り場のより大きい個体は、ちょっと違う場所で餌を拾っていると考えているようだ。

 

こう考えると、南さんが軽い仕掛けを使う理由が見えてくる。軽い仕掛けこそが撒き餌の芯じゃない場所を探るのに効果てきめんの仕掛けだからだ。

 

軽い仕掛けはフワフワと落ちるので、一般的な底を意識したチヌ釣り用撒き餌を併用することを考えると、撒き餌の芯よりも上層部を視野に入れた釣りを展開しやすい。また、潮が流れている場合は、軽い仕掛けほど潮下に自然に流れてくれるので、撒き餌の芯より潮下にいるチヌにアプローチしやすいってことになる。つまり南さんがイメージするデカチヌを攻めるには、軽い仕掛けじゃないといけないってことになる。

 

まさに自らの脳内イメージを実現するための仕掛けを組まれてますね。当たり前ですがw

「思考→仕掛け」のプロセスがしっかり見て取れる非常に有益なテクニックかと思います。

 

 

「南康史チヌ釣り名人 ランカーチヌを拾うサイズアップテクニック」まとめ

以上、南さんのイメージと仕掛けのイメージによって、どういう釣りを展開すればランカーサイズのチヌが狙えるのかを書いてきました。今回の要点を最後にまとめて終わりにします。

 

・一言でいうと南さんの仕掛けは軽い。ガン玉は打ってもG7を2つとか。

・普通のチヌ釣りは底釣りだが、軽い仕掛けじゃないと拾えないチヌがいる。

・大型のチヌほど、撒き餌の芯より浅い層や潮下など、撒き餌の中心からちょっとずれた場所にいる。

・底にたまりやすいチヌ用撒き餌を使う場合、軽い仕掛けは、より浅いタナや潮下狙いに持って来い。

・仕掛けは脳内イメージを実現・反映するもの。仕掛けありきではない。

 

今回の戦術を普段の釣りにとりこんで、今まで拾えてなかったランカーサイズのチヌをゲットしましょ^^ではでは!

関連記事:南ウキチヌスペシャルを例に00号のイメージ解説





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1620人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインに友達登録してくれると釣具のプレゼント情報が配信☆ 友だち追加

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

~釣り人におすすめの記事~

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

Pocket

南康史チヌ釣り名人 ランカーチヌを拾うサイズアップテクニック」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 沈め釣り快挙!チヌ釣り大会・トーナメントで大活躍! – つぐむぐのグレ・チヌ釣りブログ

  2. ピンバック: 【永久保存版】田中貴(たなかたかし)グレ釣り仕掛け・テクニックを徹底解剖! – つぐむぐのグレ・チヌ釣りブログ

コメントは停止中です。