春エギングで大型アオリイカを狙い打つ!

投稿者: | 2017年10月24日
Pocket

http://www.turitalo.jp/egiing/egiing04.html

 

 

つぐむぐです。堤防というか陸っぱエギングってランアンドガンが主流ですよね。僕もランガン派です。理由はやる気のあるアオリをじゃんじゃん自分から探しに行った方が効率が良いと考えるから。ただ最近習得したテクニックで春の大型アオリイカ狙いに有効なテクニックを仕入れましたので、ご紹介します。

 

その大型アオリイカを狙い撃つテクニックとは「ランガンせずに一か所で粘る」ということ。

 

なんじゃそりゃ~と思うなかれ。福岡のルアーマン金丸竜児(かなまるりゅうじ)さんは、この一か所粘り釣法が「特に春に有効」だと言われてます。実際に和歌山県の春イカ狙いは、ランガンではなく一か所で粘って、当たれば4キロクラスとかもくるらしい。アメージング!w

 

自分から動くのか、相手が動いてくるのを待つのか。数を釣りたいのか、型を狙いたいのか。釣り人側の思考によって狙うスタイルも変わって来ると思うけど、春イカの大型を狙うならじっと腰を据えて回遊待ちをするというのも有効な策のようだ。

 

むろん、このスタイルはなかなか骨が折れるやり方ではある。だってひたすら同じ方向にエギを投げていくわけだからね。忍耐という意味で、できる人は限られてくると思うけど、一日1パイでもいいからデカいやつを釣りたいって人は試してみる価値があると思う。

 

ちなみに一般的にデカいアオリが回遊してくると言われるのは、「外面に面していて潮通しのよい場所」。潮流もあんまり速いと釣りづらいから、流れもそこそこの場所を選定する必要があるね。エギのサイズだっていつもよりちょっと重めのものを使用した方がいい。ちなみに一か所で粘るとなると、投げる距離は稼ぎたい。回遊コースも遠距離、中間距離、近距離とどこをくるか分からないので、、3.5号クラスのエギでしっかり投げて幅広く探っていくというスタイルがいいと思う。で、釣れたエギのサイズも修正していけばいい。

 

最後に春のデカアオリは水深が海底が見えるほど浅い場所はあまり期待ができないので、それ以上の深さがある場所を狙うってことを追記しておく。ではでは!

 

関連記事:エギングリーダー総論・長さ・太さ・結び方~

関連記事:エギング初心者におすすめのエギはコレ!





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1350人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実



~釣り人におすすめの記事~

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

Pocket

春エギングで大型アオリイカを狙い打つ!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【エギング】しゃくり方の種類とコツを覚えよう! – つぐむぐのグレ・チヌ釣りブログ

コメントは停止中です。