シマノの磯竿新製品がアツかばい!

投稿者: | 2017年9月27日
Pocket

 

どうもつぐむぐです。

 

秋は釣り具の新製品が業界をにぎわしてくれますね。

釣り雑誌を見ても、新製品のインプレが多数掲載されております。

 

今日僕が気になったのが、シマノから今月発売されている

「マスターチューンイソ」です。

 

最新情報をチェック!

 

 

主なスペックとしては

スパイラルX、Xリング、パラボラチューン、

Xガイド、スクリュー式リールシート

なんかがありますが、僕的にもっとも特徴的だなと思ったのが

号数により明確にコンセプトが区別されていること。

 

1号~1.25号クラスは「魚を掛けることを重視」しているため

絶妙な張りを備え、操作性に優れているようだ。

 

1.75号~2号に関しては「獲物を獲ることを重視」。

強靭なパワーを持たせることで、かけた獲物を捕獲できるようにしてある。

 

1.5号は掛けると獲るの中間に位置する仕様。

良いとこどりってやつっすね^^

 

竿全体の調子としては、粘りとパワーのある胴調子。

そのため、竿をしっかり曲げこんでやり取りを楽しむことができる。

 

竿の調子のポジショニングマップは以下のイメージです。

 

 

 

前に別の記事で言ったけど2017秋の磯竿新製品は

胴調子の粘り竿が多いような気がする。

 

関連記事:がまかつ磯竿マスターモデル2評価

関連記事:がまかつ2017秋 新製品ロッドを予想しましょう!

関連記事:シマノ磯竿の調子はベイシス基本でいくといい

 

粘り竿は竿のタメがきくので「いなして獲る」

のが好きな釣り人にはたまらない仕様なはず。

 

僕も大好きな釣りのスタイルであります。

魚をヘバらせてやってる感が味わえますからねw

 

 

ちなみにシマノの豪華スタッフの「マスターチューンイソ」

に対するインプレも紹介されておりました。

 

 

 

 

ここでは平和卓也さんと田中修司さんが動画でコメントしているけど、

レジャーフィッシングの10月号では四国の森井陽さんも

マスターチューンイソ1.2号で48センチの口太グレを

余裕で取り込まれていました。

 

舞台は夏の日振島。

餌取りの多い夏磯の昼釣りで48センチは、さすが森井名人。

 

そしてロッドのパワーは申し分ないといえそうです。

 

最近、だいぶ涼しくなってきました。

いよいよ秋磯シーズン開幕といった感じでしょうか。

 

「今年の秋磯は新製品のロッドを持って磯に出かけたい」

と切に願っているつぐむぐでした^^

ではでは!

 

最新情報をチェック!

 

 

関連記事:森井陽(もりいのぼる)グレ釣り名人の竿曲げがカッコイイ!

関連記事:田中修司氏 釣り仕掛け 中ハリスを応用しよう!

関連記事:「平和卓也のタックル・仕掛け・釣り理論等」丸わかり辞典!





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1350人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実



~釣り人におすすめの記事~

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

釣りブロガーに朗報!これは利用しないとガチで損ばい。

Pocket

シマノの磯竿新製品がアツかばい!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: シマノ磯竿「極翔」の公正評価 – つぐむぐのグレ・チヌ釣りブログ

コメントは停止中です。