タモ枠おすすめは40cmジュラルミンじゃ~!

投稿者: | 2017年7月3日
Pocket

 

どうもつぐむぐです。

 

釣り仲間のTAKAHASHIさんから

タモ枠のインプレをいただいたのでご紹介します!

 

================

タモ枠にはワンピースと折り畳み式のタモ枠とがありますが、

海についてすぐ使えるのはワンピースでしょうが、

私は四つ折りのタイプを使っています。

 

 

がまかつタモ枠ジュラルミン4つ折りタイプ

 

 

四つ折りを使っている一番の理由は、

何といっても持ち運びのしやすさ!これだけです。

 

サイズとしては一番扱いやすい40センチがベストですね。

あまり大きくても扱いづらいので

40センチあればそこそこのサイズの魚はタモ入れできますので、

使用にあたってのストレスなどはありません。

 

また、タモ枠の材質にも様々な種類がありますが、

磯釣りや防波堤釣りをしていると、

牡蠣殻にぶつけて傷が入ったり壊れたりがありますので

ジュラルミンのタモ枠が安心ですよ。

私はがまかつ社のジュラルミンタモ枠を使用しております。

 

がまかつタモ枠ジュラルミン4つ折り

 

ジュラルミンというと弱いようなイメージを

お持ちの方がいらっしゃるかもしれませんので、ご説明しておきます。

 

ジュラルミンはアルミニウム合金最高の強度を誇る金属です。

そこでジュラルミンは銀行などで高額のお金を取り扱う際にも

扱われているくらい丈夫な素材です。

 

更にジュラルンミンはアルミニウム合金なので強度もさることながら、

その軽さもジェラルミンをお勧めする理由の一つなのですが、

いくら自重の軽いタモ柄を使用していても

タモ枠が重いとタモ全体のバランスが崩れてしまうので

扱いづらくなってしまう事がまれにあります。

 

しかしジェラルミン製のタモ枠であれば軽く、

タモ網全体のバランスを崩すことなく使用できますので

扱いやすさはそのままで強度も保つことが可能です。

 

更に40cmのサイズのタモ枠であれば、

水中に入れた後も水の抵抗を受けにくいので、

他の50cm以上のタモ枠とでは比べ物にならないくらい

タモ入れへのストレスと時間を軽減する事が可能です。

 

また、タモ網を軽くして、タモ枠のサイズを40cmにすることで

タモ入れが素早くできるようになるため、

タモ入れ中にバラシてしまうなんて事も減るので、

魚を確実に釣り上げる事ができます。

 

大会(トーナメントなど)では、

魚が掛かってからタモ入れまでを基本一人でやらないといけないため、

そんな場合には少しでも自重の軽いジェラルミンのタモ枠を装着して

タモ全体の重量と操作性をよくすることが重要だと考えます。

 

たかがタモ枠ですが、そのおかげで、一人でも大型の魚を安心して、

更には余裕を持ってタモ入れまで行う事ができるようになりました。

 

今後タモ枠が破損して、交換が必要になった方で

今現在50cm以上のタモ網やジュラルミン以外のタモ枠を使っている方は

是非ジュラルミンの40センチタモ枠を試してみてください。

ジェラルミンと聞くと高いイメージがあるかもしれませんが、

そんなに値段も張らないので安心して試していただければと思います。

私の中ではジュラルミンの40センチ一択と言っても過言ではありません。

 

===============

 

レポートありがとうございます!

 

今回の記事私も非常~~~~~に共感できました!

といいますのも、私自身ががまかつタモ枠ジュラルミンの

40センチを愛用しているからですw

 

この記事のトップ画像でチヌを救っている写真もジュラルミン枠だし

すぐ上のグレを取り込んでいる画像もジュラルミンタモ枠です。

 

すでにTAKAHASHIさんが言及されていますが、

まじで軽くて、サビない、丈夫という表現がぴったり。

超絶おすすめの逸品です。

ちなみに私は四つ折りのレッドを使ってます。

 

軽いのは良いですよ~!

だって狙ったところに伸ばしやすいし

タモ枠の位置を動かしたい時も楽ちん!

取り込み時のストレスの軽減具合は半端ないです!

 

サビないのもいいですよ!

ざっと水洗いしておくだけで全くサビない。

故に壊れない。

もう何年使ってるかね・・・

もう5年位使ってるけど、余裕のよっちゃんですw

見た目もかなりきれいです!

 

タモ枠にしては若干高いかもしれんけど

僕にとっては軽さと丈夫さを考慮すると

余裕で「買い」の商品ですね!

 

4つ折りは収納も便利だしいうこと皆無!

まじで良品!

 

 

あと、「40センチ枠じゃ大型すくえないやろ~」

って良く言われますが、80センチのマダイでもすくえますw

実際すくってます。70センチ級とか余裕で入ります。

 

てか結局のところ、魚って頭が入ればすくえるんです。

体全部をタモに入れる必要がないってことです。

80センチのマダイでも頭は40センチタモ枠に入ります。

なのですくえます。

 

青物とか頭が細いやつなら1メートルでもいけますね。

ほんと頭が入るかどうかの問題です。

ちゅう訳で基本40センチで全く問題ないです。

 

フカセ釣りで50センチ、60センチのタモ枠とか

僕はそんなに必要性を感じてません。

重いだけですw

 

40センチ枠で・・・

 

50センチのチヌすくえます!

60センチの尾長すくえます!

50センチのグレすくえます!

60㎝のチヌすくえます!

70センチのチヌ・・・すくえます!

 

ね、十分でしょ?^^

普通に釣りやっててすくえない魚の方がすくないです^^

 

枠をこれにして、あとは網とタモの柄にこだわると

相乗効果は半端ないので、タモ枠購入で迷っている人は

ぜひ選択肢の一つにいれてみてください^^

これは本当に良いと思いますよ^^

 

 

ではでは!

 

がまかつタモ枠ジュラルミン4つ折り

 

 

関連記事:がまかつおすすめタモの柄gpr5.3

関連記事:海釣り竿・たもの柄 洗浄・手入れ・メンテナンス方法





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1350人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実



~釣り人におすすめの記事~

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

釣りブロガーに朗報!これは利用しないとガチで損ばい。

Pocket