どうせ沈むならウキの代わりにオモリじゃだめなの?

投稿者: | 2017年6月17日
Pocket

どうせ沈むならウキの代わりにオモリじゃだめなの?

 

 

どうもつぐむぐです。

 

メルマガ読者の吉野さんから質問をいただいたので回答したいと思います。

 

=============

つぐむぐさん

いつもブログ拝見しております。

この前はつぐむぐさんおすすめの撒き餌を使ったら、メジナがバンバンつれました!

関連記事:メジナ(グレ・クロ)釣り 撒き餌配合レシピ

さて、質問なのですが、チヌの沈む浮きを使った仕掛けについてです。

今まで回った店で、まだこの沈む浮きが見当たらないので、

ネットで買ってチヌ仕掛けを試してみたいと思っています。

ただ、一個疑問に思ったのが、

「どうせ沈むなら、普通の重りとかではダメなのか?」ということです。

この沈む浮きを使う意義といいますか、教えていただけますでしょうか?

(ゆっくり降下するから、という事でしょうか?)

また結果おしらせしますね
=============

 

結論からいうとダメなんですよね・・・

 

全遊導沈め釣りのイメージを言いますと

「仕掛けが表層の潮の影響を極力受けずに、

底付近の潮の流れを受けながら自然に流れる」

のが理想です。

これが大前提です。

 

これを実現するためにチョイスするのが沈め用の浮きになります。

沈め浮きのメリットを説明するに当たり

「オモリやガン玉ではどうしてダメなのか?」の理由を以下説明します。

 

 

  • 沈むスピードが速すぎる

先の大前提を実現するためには、浮きが底にドスンと沈んでいてはいけません。

海に潮流はつきものです。撒き餌は基本的に潮に乗って流れていきます。

仕掛けもこれに乗って流れていかなかればならないのに、

ドスンと沈んでいては、撒き餌と一緒に流れていきません。

 

オモリってのは、得てして重量がドンブリ勘定ですw

てかそもそも重いので、底まですぐに沈んでしまいます。

 

その点沈め浮きはゆっくり沈んでいきます。

底に着底すると思っている方が多いですが、

ベッタリ着底することは稀です。

仕掛けにはいろんな抵抗がかかってくるので、

そう簡単には着底しないっす。

 

絶妙な浮力調整によって、潮に乗って流れてくれます。

この早すぎず、遅すぎない沈み具合を実現するものとして

沈め浮きのチョイスが必須となります。

 

 

  • 潮受け機能がない

先述のとおり、仕掛けは潮に乗って流れていく必要がありますが、

オモリは体積が小さい(=表面積が小さい)ため、

潮を受ける能力が乏しいです。

 

ただでさえ沈むのが速いのに、加えて表面積まで小さいので

潮流に乗って流れるという点においては赤点ですw

 

その点、沈め浮きは体積もあるので

しっかりと潮を受けて流れてくれます。

 

 

  • まとめ

最後に今回のポイントをまとめます。

 

・全遊導沈め釣りの理想イメージは「仕掛けが表層の潮の影響を極力受けずに、底付近の潮の流れを受けながら自然に流れる」状態。

・オモリは「沈むスピードが速すぎる」「潮受け機能がない」ため、上の理想を実現できない。

・結論オモリ単体では、沈めウキと同じ役割を果たせない

 

以上が回答になります。

 

以前同じような内容に答えてる記事を見つけたんで参考までに^^

関連記事:チヌのぶっこみ釣り仕掛けと沈め釣りは一緒?

 

また何かありましたら、ご連絡ください。

よろしくお願いします。

 

 

追伸

質問や釣り場レポート、釣果報告が殺到していて

私一人では作業がとても追いつかない状態です汗

質問の回答が大変遅れて申し訳ありません。

 

ご迷惑おかけしますが、

マイペースで回答していきますので

ご理解お願いいたします。

 

では!

 

関連記事:【チヌ釣り】針の沈み方・ウキの着底・誘いのタイミング

関連記事:沈め釣りで仕掛けを流し続けるとウキが底(地面)につきそうですが





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1350人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実



~釣り人におすすめの記事~

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

釣りブロガーに朗報!これは利用しないとガチで損ばい。

Pocket