宮崎 都井岬 グレ釣果情報と針を飲まれない方法

投稿者: | 2017年3月17日
Pocket

宮崎 都井岬 グレ釣果情報と針を飲まれない方法

 

 

 

どうもつぐむぐです。

 

宮崎の武ちゃんから釣果報告をいただいたので、ご紹介します。

 

=====================

 

はじめまして!宮崎の武ちゃんです!

いつも、楽しく拝見してます!

釣果報告をします!

 

3月5日、(日)友人と2人で

宮崎県南の都井岬(串間市)へ釣りに行って来ました。

 

天気予報では、夕方から雨の予報。

日中は、曇りで穏やかとの事で、早朝、友人と2人で港へ。

他に数名釣り人が居ました。

 

夜明けと共に、瀬渡し船に乗り込み、

前日調子が良かったと言う小さな瀬(こしかけ北)に上げてもらいました。

 

船頭さんから『10時ごろ満潮。足元を洗う波がくるかも!注意して下さい』

との事で、貸して頂いた荷掛けに道具類を掛け、釣りの準備にかかる。

 

撒き餌も出来上がり、いよいよ釣り開始!
釣り開始早々、撒き餌に群がるグレを発見!

テンションは、レッドゾーンに!

 

しかし、天気は、相変わらずドンヨリ。

おまけに、夕方から降るはずの雨がポツリポツリと降り出し

だんだんと、風も出て来て釣り辛い。

 

満潮2時間前なのに すでに波が足元を洗う。

 

すると、

 

来た~!

 

大物じゃ無く、ひざ~腰あたりまで来る1発大波!

 

バッカン、水汲みバケツ、もろもろ流された。

相棒の無事を確認!お尻まで濡れたとのこと。

船頭さんに電話で状況説明、直ぐに迎えに来るとの事で船を待つ。

 

 

あんなに穏やかだったのに・・・・・

船を待ってる時間がすごく長く感じる!

 

先ほどの大波ほどでは無いが、

船を待ってる間に2回程足首まで浸かる。

 
そして、ようやく船が到着。

乗り込み、浮いてる道具類を回収した。

沈んで行って回収出来ない道具も少し有ったが

取りあえず、ひと安心。

 

我に返って、「帰ろうか?それとも、瀬代わりし釣りを続けようか?」と悩んだ。

相棒は、『任せます!』との事。

2人とも撒き餌に、群がったグレが頭から離れない!

 

船頭に相談し、大きくて高い瀬(大黒瀬)に移動する事に。

大きな瀬に行くと、先行者が2人居られた。

挨拶をして事情話すと、

「私達も同じです、波を被ったので、ここに来ました。アタリも有り、何枚か釣れた」とのこと。

 

自分達も、準備を済ませ釣り開始!

暫く釣っていると、先行者がまた竿をまげて

30センチ位のを釣り上げた。

 

「このサイズばかり」と言っていたけど、

釣れて無かった自分達は「良いな」と思った。

暫くすると、自分達にも、アタリが出だした。

そこから、『つぐむぐ釣法』炸裂

 

最終的には、数、サイズ共に私達が勝ってしまいました!

大きいのは、40オーバー。

私も友人も満足しました。

 

 

どうしても上げきれない魚も居て、チモトから切られた事が数回。

引きも凄い!・・・・(尾長)?

「次こそは!」と思いアタリに集中!

思えば、お昼御飯も食べず、回収まで魚とのやり取りを楽しみました^^
つぐむぐさんのおかげで、

今日は、腕、肩、背中、お尻から太ももと嬉しい筋肉痛です!

その位、魚とのやり取りが久しぶりでした!

ありがとうございました!

 

それから、ウキが見えてる時にアタリが出た時は、少なかったけど、

ラインでアタリを取ると半分位、針を飲まれてました!対策有りますか?

有れば教えて下さい!

 

尾長も何枚か釣れたけど足の裏止まり!

(殆ど飲まれてましたが)飲まれえなければサイズアップ出来そうで・・・

 

それと、安全に釣りをする事の大事さ!

怖い思いをして来ましたので・・・

僕達みたいな事にならない様に 安全面の知恵も(安全第一)取り上げて下さい!

 

長くなりましたが、すみません!

怖かったけど 楽しかった~!

また、報告します!

 

=====================

 

報告ありがとうございます。

 

まずは、つぐむぐ釣法が火を噴いたようで嬉しく思います^^

40オーバーも混ざってよい釣りをされてますね!

 

 

それに、あとから釣り座に入ったのに、

先に居た人に釣り勝つのは気持ちいいですよね。

よかったですね☆

 

 

 

さてお尋ねの針を飲まれないようにするための方法・対策ですが

僕がその場にいたら、速攻針を変えます。

僕の場合は、良型の尾長がいるとわかった地点で変えます。

 

 

 

変える針は僕の場合一択しかありません。

 

 

まず、あわせちゃだめじな6号。

これに変えます。

 

 

 

 

この針に変えるだけで、9割以上飲まれることはなくなるので

「飲まれる」という問題は解決します。

 

 

ただ、欠点があるとしたら、針の重量が重いため

仕掛け投入のタイミングに若干気を遣う必要があります。

撒き餌を投入してから、すぐに仕掛けを投入すると

サシエが撒き餌を追い越してしまうので、

通常の針より「待つ」必要がでてきます。

 

 

それくらいかな。。。。

 

 

 

あと、もし6号で、すっぽ抜けが多いようなら

7号にサイズアップするといいですよ。

それですっぽ抜けも激減します。

 

 

沈め釣りで、ラインでしかアタリが取れない状況では

針で対応するほか、口元に高確率で掛ける策は現実的にないと思います。

 

僕の飲まれない対策は以上になります。

 

 

関連記事も書いてるので、見てもらえると嬉しいです。

 

関連記事:尾長グレ釣り仕掛けのポイントはネムリ針にあり!がまかつ「あわせちゃだめじな」を活用しよう!

 

 

ではでは!





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1350人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実



~釣り人におすすめの記事~

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

釣りブロガーに朗報!これは利用しないとガチで損ばい。

Pocket

宮崎 都井岬 グレ釣果情報と針を飲まれない方法」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 磯釣りで事故を起こさないために注意すべき5つのポイント – 釣りこそ我が師なりⅡ~つぐむぐ@福岡のグレ・チヌ釣りブログ~

コメントは停止中です。