チヌ針の色革命!「ファインチヌ」がまかつ新製品2017

投稿者: | 2017年3月14日
Pocket

チヌ針の色革命!「ファインチヌ」がまかつ新製品2017

 

 

どうもつぐむぐです。

チヌ釣りの新たな味方が登場しますよ!

 

近々、がまかつからチヌ針の新作が発売予定です。

その名も「ファインチヌ」!

 

 

今回はこの新作「ファインチヌ」の特徴と、

チヌ釣りへの具体的な活用について話を進めていこうと思います。

 

 

 

 ●特徴その1「アピール力の強い色」

 

カラーは「パールホワイトカラー」

ざっくり言うとホワイト系だね。

 

この色はオキアミとの馴染みが良いのが特徴。

 

針の色って釣果に影響を与えると思いますか?

 

 

僕は針の色って釣果に影響してると思います。

 

普段オキアミの中に針が埋まっている時は

そんなに色の影響はないと思うんですよ。

だって見えないから。

 

けど、ちょっと餌がかじられたりとかして

針が見えるようになったときに差がでるんじゃないかと思ってます。

 

 

既に昔の記事でご覧になっている方もいるかもしれませんが、

僕はよく針に餌をつけないで仕掛けを投入することがある。

仕掛け投入の練習のために。

 

 

で、その練習を何百投もやってるとね。

たまに釣れるんすよ。魚がw

これまじで。

魚っていっても餌取りではありますけど。

 

 

で、そのヒット率は針のカラーによって明らかに違う。

過去に釣れた経験からいうと、

黄色、赤、紫はよく魚がつれます。

で、標準カラーの黒でさえ、たまに釣れる。

 

 

 

上の画像は黒い針で釣れたアブテカモ。

がっつり針を食ってますよね。

 

 

このような経験もあって、僕は

「針のカラーによって魚の食いに違いが出る」

と思ってる。

 

その点、この「パールホワイトカラー」は

水中での認識率が高い色だから

状況によって魚の高い反応率が期待できそうで、とても楽しみだ。

 

 

余談だが、グレ針で「パールホワイトカラー」が採用されている

テクノグレ」は僕の好きな針の一つ。

曇り気味の日に使って、良型グレを連発させた実績もある。

 

 

だから、今回チヌ針にこのカラーが採用されたことは

僕個人的には非常に楽しみな試みだ。

 

 

ただ、針の塗料を嫌う人もいると思う。

確かに、針全体を塗装すると、

鋭利な針先の貫通力が、塗料なしの場合に比べて落ちるのは間違いないだろう。

 

 

しかし、僕は普段、色のついた針を使っていて

「貫通力が落ちてヒット率が落ちた」と感じたことはない。

種類にもよるかもしれんけど、

少なくとも僕が使っている針で感じたことはない。

 

物理的には一理あるが、実践・実釣で問題ないので

塗料については、個人的にはよいと思ってる。

 

がまかつも「高い貫通性能」と書いてくれているので

それも安心の一要素ではあるね^^

 

 

 

 

 ●特徴その2「細軸軽量設計」

 

ファインチヌは細軸で重量が軽い設計となっている。

針のコンセプトは「いかに刺し餌を同調させるか」

 

重量が軽い針ほど刺し餌を「自然な沈下」に近づけることができる。

 

底に落ちるまでの時間(フォール時間)を少しでも稼げるので

中層を意識した釣りが展開しやすい。

 

さらに、チヌが刺し餌をくわえた時も違和感を覚えにくい。

喰い渋り対策にもなる。

 

 

他にもチヌ釣りでは必須テクニックとなる「誘い」との相性もいい。

 

わずかな誘いをしただけでも針重量が軽い分

刺し餌をアピールしやすくなる。

ざっくりいうと「少ない労力で大きな誘い」を実現できるから

釣り人にも優しい軽量設計ってことだね^^

 

 

あと、もう一つ。

先ほど説明した貫通性能の話だけど、

塗料をつけると物理的な貫通性能は確かに落ちるといった。

 

けど細軸設計となれば、針の貫通力は上がるので、

結局相殺されて、あんまり塗料なしの針と大差はないと思う^^

 

 

 

 

 

 ●特徴その3「立ち上がり気味の鈎先」

 

僕は普段使っている針は

キンリュウ針の「勝負ちぬ練り餌&コーン」ってやつ。

でもこの針はちょっとだけ針先がネムリ気味。

 

 

 

別に問題は感じてないんだけど、

「もっと掛け重視の針も持っておきたいな」

と感じることがたまにある。

悔い渋りの時期とかね。

もちろん「カラー戦略も同時に実現できる」って条件は外せないけど。

 

 

ファインチヌの針先も微妙にネムってはいるけど

勝負ちぬ練り餌&コーン」よりは外に開いている

「掛け重視設計」といえる。

 

カラーもイエローと全然違うので、

フックローテンションのレギュラーの一つに加えたいなと思ってる。

 

 

 

 ●「ファインチヌ」まとめ

 

最後の今回の記事の要点をまとめます。

 

 

・「アピール力の強い色」でチヌの好奇心を刺激、オキアミとの馴染みも抜群

・「細軸軽量設計」で自然な沈下、食い渋り対策、誘いとの好相性、高い貫通性能を実現

・「立ち上がり気味の鈎先」はフッキング率を高める

 

 

以上になります。

 

 

新たなチヌ釣りのカードとして活躍が期待されますね。

発売が楽しみです^^

 

 

ではでは!





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1350人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実



~釣り人におすすめの記事~

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

釣りブロガーに朗報!これは利用しないとガチで損ばい。

Pocket

チヌ針の色革命!「ファインチヌ」がまかつ新製品2017」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: オーナー針「サスガチヌ」の刺さりヤバし! – つぐむぐのグレ・チヌ釣りブログ

  2. ピンバック: がまかつ針からグレの新作が登場! – つぐむぐのグレ・チヌ釣りブログ

コメントは停止中です。