磯釣り2回目で大会〇位って凄くね!?

投稿者: | 2017年2月21日
Pocket

磯釣り2回目で大会〇位って凄くね!?

 

 

どうもつぐむぐです。

 

メルマガ読者の木原さんに釣りレポートをもらったのでご紹介します。

 

 

====================

 

こんばんは、木原です。

 

先日、人生2度目の磯に乗って来ました!

 

仕事関係のお客様から「海釣りをするなら磯釣りに行きましょう」

と誘われて、行ってまいりました。

 

まず港についてビックリしたのは、

「ハヤブサ針の鬼掛関西支部の大会に参加して貰います」

と言われて目がテンになりました!

 

磯釣り2回目でいきなり大会って・・・

周りの雰囲気に圧倒されました。

 

皆さんのスタイルは、がまかつ、シマノ、ダイワ、

バリバリの磯釣りスタイル!

 

また、2016年日本グレトーナメント優勝の

上田さんが居ると聞いてとんでもないところに来てしまったと後悔(笑)

 

のんびり磯釣りが出来ると思って来たのに僕の格好は…

 

まぁ服装は置いといて、結果はグレ28センチ1匹、豆アジ1匹でした!

 

釣れたのはなんと1投目!

 

初めての沈め釣りで手元にコツコツと反応があっので

糸を送り込むのを止めたら、ビュンって糸をひったくって行きました!

 

 

2投目がアジでした。

 

その後は強風に波やうねりで餌を5回とられて終了となりました。

 

撒き餌は「つぐむぐさん撒き餌配合レシピ」に沿って

配合材3袋、オキアミ3角で作り、それを大会時間6時間で全て撒きました。

撒きすぎですかね!?

 

港に戻るとどこもあまり釣れていないみたいで、

大会参加33名で規定枚数8枚を釣った人は1名、

5匹が2名、3匹が1名、2匹が1名、1匹が5名と

魚を持ち込んだ人数は全員で10名でした!

 

あとの人はボ○ズでした。

 

僕はなんと!10位に入っちゃいました!

こんなことってあっていいのでしょうか!?

 

磯釣り2回目の自分の仕掛けがどこに入っているか分からない初心者が

周りが釣れていないのに釣れる沈め釣り最高ですね!

 

あとは、チヌを釣るだけです!

 

色々と教えていただきありがとうございました!

 

添付写真は釣座です。因みに、上田さんは2位でした。

 

====================

 

レポートありがとうございました!

 

確かに磯釣り2回目で大会出場は緊張しますよね^^

 

突然の大会参加なんて、なかなかない経験だと思いますが、

いつかは大会慣れのために、参加は必要なことなので

そんな風にプラスに考えてもよいのかなと思います。

 

それに結果が10位ですか^^

めっちゃ凄いじゃないですか!

おめでとうございます!!!!

 

大会ってのは結果しか求められないので

仕掛けがどこにあるか分からなくても釣ったもん勝ちの世界ですw

 

 

残念ながら釣果がなかった人の中にも

腕が立つ人もたくさんいたでしょうが

今大会においては木原さんの完全勝利!!!!

 

どれだけ上手かろうと、言い訳しようと、

釣った人が勝ちってのが大会です。

だから普通に自信もっていいですよ^^

 

もちろんこれで驕れるのはダメですが

木原さんは、そのような姿勢ではなく、

積極的に自分の課題を見つけようとされているため、

今回の結果は今後の磯釣りのモチベにつながったんじゃないでしょうか^^

本当に良かったですね!

 

 

ぶっちゃけ、仕掛けの位置を寸分狂わず分かる人なんていないので

「大体仕掛けはあの辺りにあって、深さはこの位かな?」って分かってれば十分です。

てか、それが分かるようになれば一人前です^^

 

僕も「水深何メートルに今仕掛けがある」なんて

ドンピシャ当てることはできませんよ。

大体なんですよ。推測。でもそれでいいんですよ。

イメージする姿勢が大事なんです。

 

一番いけないのは、何もしないこと。

考えすらしないこと。

 

 

だから、自分なりにいろいろ考えてればOK。

例えばカウントダウンして深さをイメージしたり、

仕掛けの回収時の抵抗から深さをイメージしたり、

ほかにも仕掛けの浮き上がってくる場所から大体の位置も想像できる。

こういうことを意識すれば、底潮の強さとかもある程度推測はできる。

 

 

完璧じゃないかもしれないけど

大体の位置とか深さを把握しておくことは

決して損する情報ではないんでね。

 

 

あと、撒き餌の量にしては厳寒期に関しては

半日でオキアミ3角、集魚剤3袋は結構撒いてる方だと思います^^

あくまで僕の感覚では。

 

 

何が正解かなんて誰にも分からないので、

「次回は撒く量を制御してしよう」って仮説を立てて検証するといいですよ。

それで釣れれば冬の釣り方の引き出しの一つになるし。

 

もちろん、その日その時の状況にもよるんで

一回検証して完全に結論つけるのは早いけど、

それでも結果が出れば一定の評価を下しても問題ないでしょう。

 

 

仮説→検証→仮説→検証

こんな感じでいろいろ試してみてください。

思考して行動してると、異次元に力つくんでびっくりしますよ^^

 

 

寒グレはなかなか厳しい釣りですが、

ハマったら釣れた時デカイので、いろいろ試してみるといいですよ。

釣れたら苦労も吹っ飛ぶんでね^^

 

 

何かあればまた聞いてください。

またの釣果報告もお待ちしてます!

 

 

ではでは!





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1350人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実



~釣り人におすすめの記事~

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

釣りブロガーに朗報!これは利用しないとガチで損ばい。

Pocket