「まんがで分かる論語」を読んでるんだけどさぁ・・・

投稿者: | 2017年1月12日
Pocket

「まんがで分かる論語」を読んでるんだけどさぁ・・・

 

 

 

どうもつぐむぐです。

 

この数ヶ月、僕は「マンガで分かる○○シリーズ」にはまってる。

このシリーズって自己啓発系の本だったり、

経営とか経済とかのベストセラー本をマンガで解説してるのが多い。

 

 

最大のメリットは、

「とっつきやすい」

こと。

 

 

「まんがで分かる統計学」とか

まんがで分かる21世紀の資本」などなど

統計学や21世紀の資本という

普通の活字の本で読もうものなら、

読むのをためらうほど堅苦しいというか、難しい本でも

まんがになっているのでスラスラ読める。

 

 

理解がほんとスムーズなんだよね。

 

 

「これなら子供にもおすすめできるなぁ」って思う。

まだうちの子供は小さくて、マンガすら理解できない年齢だけど、

将来これらの本は子供に読ませても読んでくれそうだ。

 

変な本を読むより絶対いいしね。

読んでくれるかはわかんないけどw

 

 

 

何事も最初って肝心。

 

最初に苦手意識ができると

その後が上手くいかないってことは往々にしてある。

 

 

例えば、数学の勉強とかで2次方程式でつまづくと、

3次方程式は見るのも嫌って感じだね。

3次方程式どころか、「数学全体=つまらん」って思考回路が一度形成されると

それを破壊するのは、めっちゃムズイ!

 

それだけ最初の印象って

人のモチベとか行動にダイレクトに作用する。

 

 

人との関係だってそうじゃないっすか。

 

第一印象が良かった人となら、ほとんど問題なく

関係を築けるけど、最初の印象が悪かった人って

あとで挽回することは少ない。

 

 

たま~に、「こんないいところもあったんだ!」

って気づくこともあるけどね。

ほとんどないような気がする。

率としては少ない。

 

 

このように僕はマンガっていう

ハードルの低さのおかげで、一見難しそうな話を

スムーズに理解できている。

 

今は論語を読んでいるけど、

やっぱり分かりやすいわ。

分かりやすいと記憶にも定着する。

 

理解できると、嬉しくなって気分までよくなる。

 

まんがなんで、もう一回読むことにも抵抗がない。

 

 

これがもし活字の本で、

僕がめっちゃ頑張って読んだとしたら、

1冊読みきった地点で、やりきった感に満ち溢れ、

とても「さぁ2回目を読もう!」って気にはならない。

 

 

また同じような労力を使わないといけないと思うからね。

人はできるだけきついことを避けたい生き物だし。

 

 

 

新しいことをする時は、できるだけハードルを下げるって有効だね^^

0→1が一番エネルギーを使う。

車のガソリン消費だって、最初のエンジン起動の時が大きい。

一度動き出すと、以外にエネルギー消費って少ない。

慣性が働くしね。

 

 

最初をいかに省エネで動かすか・・・

そういう目線で今後のあらゆる活動を行っていきたいものだね^^

 

論語いいっすよ☆





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1350人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実



~釣り人におすすめの記事~

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

釣りブロガーに朗報!これは利用しないとガチで損ばい。

Pocket