ガン玉打ち方引き算編と練り餌の理想的な大きさ

投稿者: | 2016年12月10日


★LINEで釣具のプレゼント情報を配信

友だち追加

Pocket

どうもつぐむぐです。

 

メルマガ読者の前田さんからの質問に回答します。

 

 

【質問】

 

先日の記事 「チヌ釣り仕掛けでガン玉のつけ方・打ち方を失敗しない4つのポイント」 の、
“適正な重さに近づいているかどうかの判断(3)”
・一度思い切って仕掛けを重くして様子を見る
・ガン玉を打つor練り餌を使う
・底まで着いてると思ったら、そこから軽くする
・上から落としていくんじゃなくて、下から引き算
について、アウトプットするにむけて【質問】があります。
まずは「ガン玉」…(引き算の時の)
“ガン玉の打ち方の順番”を教えてください。
単純に、通常のガン玉ローテーション(足し算)の真逆…

つまり、最終型“G1の3段打ち”から逆に引き算していけばいいのか?
それとも…例えば、“針上30cmにG1ガン玉1段打ち”からスタートとか?→これはナンセンス?
どこからスタートして、どういう順番に引き算していくのか教えてください。
で、次に「練り餌」…
一番最初の基本となる仕掛け
「大征黒沈め+ガン玉G5一段打ち」の時の、
潮も風も特別に強くない状況で、
“一番理想的な速度で沈む”基本の大きさはありますか???
あと…
極論…バカみたいに大きくしすぎたら、

食いが悪くなったりするような悪影響ありますか???
 

 

【回答】

前田さんの質問は激細部を突いてくるんで、いつもビクビクしてるw

 

今回も攻めてきましたねぇ~w

あ~怖い、怖い^^

 

 

>引き算の時のガン玉の打ち方の順番を教えてください。

 

僕が実際にやってるのは、流れのスピードを見て

感覚でガン玉付けて重かったら、軽くして、

逆に軽かったら重くしてるけど、

その「感覚でガン玉を付ける」ってところが分からないんだよね?w

 

あえてコレ!っていうなら、そうだなぁ~、

G5の3段打ちからはじめたらいいと思う。

 

もちろん、G1の3段打ちでも悪くないんだけど、

僕の過去の経験上、湾内の堤防とかで

G1の3段うちを使ったことはないw

このレベルは流れのそこそこ速い磯チヌ釣りでもなかなか使わない。

海峡とか、五島の本流グレ釣りとかで使ったことはあるけど・・・

 

堤防ならG5の3段打ちですら、なかなか使わないから、

まずはそこから様子みたらいいんじゃね?

 

それでも流れが速いなって思うなら、

ガン玉を足していけばいい。

 

 

ここで難しいのが「速い」って言葉。

「速い」も人によって捉え方が違うんでね。

 

だからこればっかりは、知識を現場で試しながら

自分の中で消化していくほか道はないね。

成功体験を積み重ねるしかない。

 

僕が「流れのスピードが時速何キロなら、ガン玉G5を3つ」とか言えればいいんだけど、

言った所で、時速何キロがどの位の速さかなんて

ほとんどの人が分かんないと思うので意味もないし・・・(笑)

 

基準としては

速攻根がかりする重さは重すぎるし、

サシエが全然なくならないなら、

魚のいるタナまで深く入ってない可能性が高いね。

 

一緒に釣りに行けたら、速攻で解決するけど

テキストだとこのあたりの問題解決が難しいねw

やっぱ動画の活用が今後必要みたいだね^^

 

 

 

>練り餌が一番理想的な速度で沈む基本の大きさはありますか???

>極論…バカみたいに大きくしすぎたら、食いが悪くなったりするような悪影響あります

 

今日この質問に、より的確に答えるために定規を使って

普段自分が付けてる練り餌の大体のサイズを測ってみたら

直径1.2センチ~1.3cmの球体がスタンダード。

マックスは直径1.5センチってところかな。

 

その球体を上の先細りにしてる感じ。

 

それ以上大きいと(例えば直径2cmとか)食いが悪くなると感じてる。

デカ練り餌で釣った経験がないんだよなぁ。

 

けど、これは普通にチヌを狙う場合の話。

 

例えば、エサトリが2千匹位いてw

表層で練り餌が総攻撃をくらって

とても底までサシエが持たない時なんかは

もっと大きくしてもありだと思う。

 

基本、大きい魚には大きいエサでも問題ないし、

つつかれて底に着く頃には、ちょうど良いサイズになるかもしれない。

 

 

釣りに絶対はない

予想外のことをしても食ってくることがあるから面白い。

 

今日の回答を参考にして、特大サイズに挑戦してもいいと思う。

いつも言ってるけど、別に釣れないから罪になるわけでもない。

釣れたらそれが正解だし、次につながる糧になる。

 

行動するのはタダだから、

ガンガン脳内のアイデアを現場で試してみよう!

 

 

前田さんは超頑張り屋なんで、ぼちぼちと!^^

 

 

ではでは~!





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1620人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

ラインに友達登録してくれると釣具のプレゼント情報が配信☆

友だち追加

サラリーマン必見!収入の柱を増やす超おすすめ手法

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

Pocket

ガン玉打ち方引き算編と練り餌の理想的な大きさ」への2件のフィードバック

  1. 遠藤

    いつもメルマガ楽しみに読ませていただいてます(^-^)
    ありがとうございます
    つぐむぐさんの仕掛け試させていただきました
    前回初挑戦で残念ながら、チヌは釣れずグレが釣れました
    初心者の私には大きな前進です、また次回のリベンジが待ち遠しい限りです

    これからもご指導お願い致します

  2. 前田

    バ…バレました? 完コピ目指してること(爆)

    ってか、もちろん目指してますよ! 師匠流の完コピ。

    んまぁ…「インテッサg5 1-50」 は厳しいっすけどね(泣)

    お答えありがとうございます!

    いやぁ~…スッキリしました!

    しかも練り餌の具体的な大きさまで…

    嬉しすぎます(T0T)

    “動画”…ホント心よりお待ちしてます。

    師匠の動きの細部まで完コピしますよ(笑)

コメントは停止中です。