掛けた大型の魚をあえてバラす方法

投稿者: | 2016年11月1日
Pocket

%e7%84%a1%e9%a1%8c

どうもつぐむぐです。

 

メルマガ読者の前田さんから質問をいただいたので

回答していきたいと思います。

 

 

質問

私がよく行く釣り場では大型のカンダイがズボ釣り仕掛けにヒットします。

キャパオーバーの大型(例えばカンダイ)がかかってしまった時、

どうしたらいいのか?(つぐむぐさんはどうしはるのか?)』ということなんです。

チヌが釣りたいのに、

(例えば)カンダイがかかってしまったら(極論チヌ釣りの邪魔をされたら)、

ヤリトリしてもOUTなので、それならカラマン棒より上の仕掛け、

とくに大征黒を失わずに早めに回収し(ハリスを切ってでも)、

再度チヌ釣りをリスタートをした方が、

時間的にも体力的にもチヌの釣れる確率が上がるではないかと。

つまり、キャパオーバーで上げれないムダなヤリトリはせず、

早めに“あえてバラス”方がいいこともあるのではないか?

あえてバラスやり方(仕掛けの回収率を考えて)”はどうしたらいいのか?教えていただきたいです。

 

 

 

回答

なかなか斬新な質問ですねw

 

釣り人なら大型の魚をあえてバラしたいと思わなそうですが。

 

まず僕がチヌを釣ってて、カンダイがかかったら普通にヤリトリします。

 

大型のカンダイを僕の通常の仕掛け、

道糸・ハリス1.5号でとれる可能性は極めて低いので

切られる覚悟で限界まで頑張ってみます。

 

それで取れればうれしいし、

とれなくてもダメ元なんでまぁいいやって感じ。

 

僕の思考はいいとして、あえてバラス方法ですよね?

 

正直、あえてばらさなくても、大型のカンダイであれば

切られて試合終了でしょうが、

ヤリトリすらせず切りたいのであれば、

竿を伸された状態=竿をまっすぐカンダイの方に伸ばして

竿の弾力が一切効かないようにすればいいです。

 

竿の弾力は、糸への負担を減らすためのもの。

普通はこの竿の性能を利用するものですけど、

あえてバラスなら、竿の弾力を一切使わないのがいいかと。

 

こうすれば、ハリのチモトか道糸とハリスの直結部から

糸が切れるはず。

 

ズボ釣りでは、道糸にウキを付けているので、

直結部から糸が切れても、ウキはなくなりません。

 

それでもウキがなくなるようだったら

からまん棒を直結部から少し話してつけてみるとか

からまん棒の下に結びコブを作ってやるといいでしょう。

 

こうすることで、ウキのロスト率は激減します。

 

あえてバラス方法、こんな感じですね。

 

不明な点などあれば、ご質問ください。

 

質問ありがとうございました。

 





~お知らせコーナー~

「つぐむぐ」ってそもそも誰?

釣りメルマガ(読者数1350人突破)

裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)

【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実



~釣り人におすすめの記事~

最高級のがま磯竿をたった13,642円で手に入れた実話

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

釣りブロガーに朗報!これは利用しないとガチで損ばい。

Pocket